漫画で人生にワクワクを!

青春シンデレラ【第39話ネタバレ】ついに約束のデート当日‥!

マンガmeeで連載している夕 のぞむ先生の『青春シンデレラ』第39話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

デートを楽しむ2人の裏で美月は動きます。

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
40話全話まとめ38話
前回あらすじ

無事?期末テストを終えた紫苑たち。

長谷川とは、タイムスリップを覚悟し『最後のデート』を計画します。

試験を終えたら、美月ときちんと話をしようと決めていた紫苑ですが、話題を避けられなかなか話せません。

未来に戻ってしまうかもしれないけれど長谷川と付き合うことになったと報告できないまま、デートの日が近づいて来ます。

青春シンデレラ 第39話ネタバレ

修了式。

紫苑は、美月とちゃんと話ができないまま冬休みに入ろうとしていました。

休みに入ることに、美月は浮かれています。

修了式の後も、紫苑から、この後いい?と誘いますが、用事があると断る美月。

明るく、先に帰るね、と言われてしまい紫苑は取り残されます。

長谷川と約束した『最後のデート』は、いよいよ明日に迫っていました。

その前に美月と話したかった紫苑は、どうしようかと悩みます。

・・・・・

家に帰り、携帯を眺める紫苑。

直接話せないなら、メールを送るしかないか‥と考えていました。

現代のように、アプリの『既読』機能なんてない高校生時代。

返事がない限り、メールを読んでくれたかどうかすら分かりません。

紫苑は、不便だ‥と思いながら、美月からの返信を待ちます。

・・・・・

本当にこんな最後でいいのかと思いながらも、ついにデート当日になってしいます。

待ち合わせ場所には、先に長谷川がいて待っていました。

美月からのメールの返信はありません。

長谷川は、紫苑の手を優しく握ります。

頬が赤くなる紫苑。

握られただけの手を一度開き、指と指を絡め『カップル繋ぎ』に変えました。

さらに顔が真っ赤になり、長谷川も、恥ずかしいと声に出して言います。

2人は照れながらも、仲良く手を繋いで歩きました。

その頃、美月は香の家を訪れていました。

美月の目の下は赤く、思いつめたような顔をしています。

香に、紫苑を引き止めたい、と話します。

未来に戻ってしまう確証なんてないのだし、本人の好きにさせたら?と話す香。

それでも美月は、今のままが良いと強く言いました。

メールの返事だけでも一緒に考えて欲しいと、香にお願いするのでした。

 

>>『青春シンデレラ』第40話ネタバレに続く

青春シンデレラ第39話の考察・感想

長谷川と紫苑のやり取りにはキュンキュンしますが、反対に美月はとっても辛そうです!

目の下が赤くなっているところを見ると、紫苑のメールを見て泣いたか、夜通し返信の内容を考えていたと思われます。

事情を知る香のところへ相談に行きますが、香は紫苑がこのまま生きることを良くは思っていないようです。

それは美月も知っているはず。

それでもお願いしに行くということは、自分ではどうしようも出来なくて思いつめてしまったのでしょうね。

かわいそうと言えばかわいそう‥。

紫苑からの話で、美月は10年後も仲の良い友達のままだと聞いています。

けれどやっぱり、『今』を生きている美月にとっては、このまま紫苑にいて欲しいのでしょう。

仮に、長谷川と付き合うことで紫苑が未来に帰ってしまったら、過去はどうなるのでしょう?

出来事を変えてしまうと戻るということは、大きくは変わらないのでしょうか?

紫苑が戻ってやり直したことで、未来に戻った時、そちらの状況も少し変わっていることがあるかもしれないですね。

さて、次回は、香は紫苑を引き止めるために美月に協力するのか?

そしてそれは上手くいくのでしょうか?!