漫画で人生にワクワクを!

暁のヨナ【第32巻ネタバレ】ヨナが知ってしまった秘密とは?

花とゆめで連載してる草凪みずほ先生の『暁のヨナ』第32巻を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

花ちゃん

物語の舞台はついに緋龍城に!!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
33巻全話まとめ31巻
前回あらすじ

ハクに想いを告げたヨナ。

一方、ヨナはケイシュクから同盟を組むことを提案されます。

苦渋の選択を迫られたヨナは、仲間を守る為に緋龍城に行くことを決意。

入城した四龍たちですが、さっそくお披露目の為の武術大会に出場することになり…?!

登録無料で初回半額クーポンゲット!!

以下、『暁のヨナ』第32巻のネタバレが含まれています。

暁のヨナ 第32巻ネタバレ

激しい攻撃を繰り出すキジャとジェハ。

2人はボロボロになった闘技場の床の破片を投げつけます。

観覧席のところにまで飛んでくる床の破片。

キジャとジェハは、シンアとゼノの能力は第二・第三のゴビ神官を生み出しかねないので、大衆の目に晒すには危険すぎると考えていました。

2人は会場を壊すことで、シンアたちが闘えないようにしていたのでした…。

 

一方のケイシュク。

ハクがこの騒ぎに紛れてスウォンを殺すつもりだろうと考えてるケイシュクは、ハクの所へ向かう指示を自分の部下の兵士に出します。

 

暴走をやめないジェハをグンデが切り付けます。

意識を失うように倒れるジェハ。

それを見たハクは立ち上がります。

ケイシュクはハクの動きに警戒しますが、ハクは自分のことなど興味はないと話すスウォンの目は、ジェハを抱えるハクの姿を捉えていました――…。

 

・・・・・・

ジェハは天幕に運ばれ、ハクは監視の兵に元の席に戻るように言われます。

会場はメチャクチャなので武術大会はお開きに。

遠くにいるヨナを見つめながらハクは思います。

自分がおとなしくしていればヨナたちの安全は守られるだろう。

けれど専属護衛を剥奪される筋合いはないと。

 

王の後継者

大会終了後、グンデ夫妻は子どもの誕生の報告する為、スウォンに謁見します。

妻のユウノに、ヨナと婚約されたのか?と尋ねられ言葉を濁すスウォン。

跡継ぎは自分の血を引いていなくても構わないという考えを示します。

けれどもスウォンは、その人物は既に決まっているのか?というグンデの問いには何とも答えないのでした…。

 

欲しい居場所

ハクは自分を空の部族軍に入れてほしいとケイシュクの部下・ラパに頼みます。

スウォンには近づかないし、空の部族軍は初めてなので一兵卒からでいいと言うハク。

まさかの依頼内容にラパは理解が追い付きません。

同じくハクの意図が分からないユンに、ハクは自分の欲しい居場所は自分で作ることにしたと答えるのでした。

 

ハクの入隊

ケイシュクの了承を得て、空の部族兵の第35番隊に入隊したハク。

彼らの主な仕事は、掃除・給仕・洗濯。

ハクはどんなものでも軽々持って運び、配膳もさくさく進め、どんどん仕事をこなしていきます。

片づけもあっという間にこなし、空いた時間に素振り。

これには隊員たちも、すごい奴は時の流れが違うと感心するばかり。

 

向き合う決意

ハクが入隊したことを知ったジュド将軍。

空の部族兵ならば、スウォンに絶対の忠誠を誓えとハクに剣を突き付けます。

イル陛下が殺された理由を問うハクに、ジュド将軍はスウォンとイル王には生まれながらの溝があり、イル王がスウォンの父・ユホンを殺したのだと話します。

スウォンと自分はずっと前から同じ景色を見ていなかったことに気付くハク。

そしてハクは、ヨナが同盟を結ぶと決めた以上自分がその誓いを破る事はしないと返事します。

その言葉に嘘はないと感じたジェド将軍。

剣をおさめその場を立ち去るのでした…。

 

・・・・・・・・・・・・・

ラパにケイシュクについて尋ねるハク。

ラパは、ケイシュクは若い時に戦で傷を負い、用無しとされていたところをユホンに拾われたので、イル王のことをひどく憎んでいるのだろうと話します。

ハクは決意します。

”あの夜”のことをヨナと語ることをずっと避けてきた。

けれどももう向き合わなければと――…。

 

スウォンの興味

スウォンはゼノを城の庭に連れ出します。

不老不死の力に興味があると話すスウォンは、武術大会も黄龍の力が見たかったから開催した様子。

 

そこへグルファンの鳴き声が聞こえてきます。

鳴き声のする方へ向かったスウォンですが、空の部族の兵隊服を着ているハクと、その頭上を嬉しそうに飛ぶグルファンの姿を目にします。

呆気に取られるスウォン。

力が抜けたようにその場にしゃがみ込んでしまいます。

 

ジュド将軍がスウォンの所へ駆けつけ、その経緯を報告。

スウォンはハクの処遇とゼノの見送りをジュド将軍に任せ、その場を立ち去るのでした…。

 

頭痛

一方、ヨナは自室でミンスを待っていました。

戸口で物音がしたのでヨナが駆け寄ると、なんとスウォンが倒れ込んできました。

驚くヨナ。

頭を抱えてひどく苦しむスウォンを見かねたヨナは、自分の寝床にスウォンを運びます。

”あの夜”の冷酷なスウォンの眼差しを思い返して表情をこわばらせるヨナですが、目の前には頭を抱えて悶絶するスウォンの姿…。

ヨナはスウォンの頭をそっと抱き、鎮まれと繰り返してやります…。

 

・・・頭痛で意識が朦朧とするスウォンは、夢だと勘違いします。

夢ならヨナと少し話してもいいかと思ったスウォン。

今日見かけたハクとグルファンの光景を話し出します。

昔のような優しい声で話すスウォンに、ヨナはいたたまれない気持ちになるのでした…。

 

・・・・・・・

スウォンの主治医がミンスだと知り、ヨナは驚きます。

自分の母がスウォンの母・ヨンヒ付きの医務官だった影響で、自分も医務官になったミンスは、スウォンが即位してからスウォンの主治医になったと言います。

長い間病を患っていたヨンヒ。

ヨナはその病状のことを詳しく知らないのでした…。

 

ケイシュクの見立て

スウォンの不調についてケイシュクはジュドに報告します。

ミンスの様子を見る限り今回が初めてではないようだと言うケイシュクは、戒帝国への進軍計画は急いだ方が良いと言うのでした…。

 

ジェハの偵察

四龍たちはヨナの体調が優れないので面会できないと女官に言われ、不審に思います。

さらにハクが空の部族軍に入隊したことを知り気になって仕方ないジェハ。

文官姿に扮してハクのところへ。

ジェハはハクに経緯を説明し、一緒に来るだろう?と誘いますが、ハクはもし反撃してしまったら全て無駄になってしまうので自分は行かないと答えます。

専属護衛という立場を取り返すために入隊したと話すハクに、ジェハは極端だと噴き出すのでした。

 

国の最高秘密事項

ジュド将軍に、今後自分とケイシュクとミンス以外の人間との接触は避けてもらうと告げられるヨナ。

突然の通達にショックを受けるヨナ。

理由を問いますが、ジュド将軍はハッキリと答えません。

そんなジュド将軍にヨナは、同盟相手のスウォンに会わせてと強い調子で言うのでした…。

 

・・・・・・・

スウォンとの謁見を許されたヨナは、執務室へ向かいます。

山積みされている書物の量に唖然としながら、ミンスと2人で執務室内を歩くヨナ。

 

スウォンは薬の睡眠作用で机の上で眠っていました。

ヨナはヨンヒも昔、同じように頭を抱えて痛がっていたことを思い出します…。

そして気づくヨナ。

ヨナが、ヨンヒはもう亡くなられているのでは…と言いかけるのを遮るミンス。

スウォンの身体に関することは国の最高秘密事項。

ヨナは高華国に必要な存在だから免れたけれども、口外した者は死罪だとミンスは話します。

身を守る為にどうかケイシュクたちのいう事に逆らわないでほしいと懇願するミンス。

ヨナはスウォンが死に至る病に罹っているのだと確信するのでした――…。

 

秘事

外は雨が降り出しました。

自室に戻ったヨナは身体に力が入りません…。

 

そこへ窓から跳んで来たジェハ。

ハクの所へ連れて行ってあげるとジェハはヨナの手を取りますが、ヨナは来られると困ると答え、その手を離します。

ヨナが何か隠していると勘づくジェハ。

 

そこへ物音に気付いたジュド将軍が、隣の部屋からヨナに声をかけてきます。

慌ててジェハを窓から外へ追い出したヨナはジュド将軍に、窓から雨が入ってきたと話し、誤魔化します。

――1人になったヨナはカーテンを抱きしめ、ハクに逢いたいと願うのでした…。

 

>>『暁のヨナ』第33巻ネタバレに続く

スポンサーリンク

暁のヨナ第32巻の考察・感想

緋龍城に戻って来た途端、驚愕の事実が発覚しましたね!

スウォンが死に至る病に侵されているという事実…。

しかも母親も同じ病だったということは遺伝的な病気なんでしょうか…?

 

“スウォンが病で死ぬ“という事実に押しつぶされそうなヨナ。

それだけでも精神的に相当な負荷を強いられているにも関わらず、さらにそれを誰にも話せず、仲間にも会えないという負荷まで背負わされてしまう状況に…。

これまで常にハクと四龍を守る為の選択をしてきたヨナですから、自分がいくら辛くてもハクと四龍を守る為にこの約束を死守するのでしょう…。

ヨナがあまりに可哀相すぎます…。

 

ないがしろな扱いをされているわけではないけれども、孤独な立場になっていくヨナ。

しかし実はヨナ、かつての城時代でも同じ状況だったのではないかと。

回想で描かれるヨナは大切に扱われていながらも、いつも孤独でした。

ヨナの発言や気持ちに重きを置いてくれる人はいなかった。

女官たち周囲は、ヨナの発言を“甘やかされた姫様のわがまま”として受け取っていた節があります。

父親に過保護に守られ甘やかされ、世間知らずなおバカな姫というレッテルを貼られていたヨナ。

恵まれた境遇のヨナを不憫に思う者などいませんでした。

前巻でゼノが四龍は生きてる限り利用されると言ってましたが、ヨナも同じ。

ただお飾りの姫として利用されるだけの立場だったんです。

でもそんな立場に共感してくれる人なんていなかった…。

ハクを除いては。

城時代、利用される境遇を不憫に思い、ヨナの孤独な立場に気付き、寄り添ってくれたのは、ハクだけだったのではないかと。

ヨナにとって、ハクは城時代から物理的にも精神的にもずっと変わらず近くにいてくれる唯一の大切な存在なんですね。

そんなハクと離されることなったヨナのメンタルがとても心配ではありますが。

ただ、この状況に追い込まれたせいで、ハクさんがついに動き出す決意をしてくれました!!

そのことには、正直物凄くホッとしてます!

 

スウォンと同じ景色をみていなかったことに気付くハク様。

着眼点がとてもイイと思います!

”あの夜”前後のスウォンの言動をハクが全く理解できないのは、同じ景色を見ていなかったからに違いないでしょうから。

そこをどんどん掘り下げていってほしいと思ってます!

 

それにしても雨に濡れた文官姿のジェハは、色っぽい♪

お部屋に閉じ込められてしまったヨナ姫を窓から助けに来たジェハは、まるで王子様♡

正ヒーローみたいなジェハの立ち振る舞いも空しく、人知れず追い詰められていくヨナは心配ですけれども…。

次巻が待ち遠しいですね!

>>『暁のヨナ』ネタバレ一覧【最新話更新中】

暁のヨナなど漫画をお得・無料で読む方法!

以上、『暁のヨナ』第32巻のネタバレになります。

花ちゃん

ネタバレを読んでみて、実際に漫画を読みたくなった方は、ぜひコミックスなどを購入して読んでくださいね。

文字だけだと大まかなストーリーは分かるけど、細かいやり取りや漫画を読んだ時に感じる感動、ワクワクなどを楽しめなくて面白さが半減しちゃいます;

電子書籍サービスを利用すれば、紙で漫画を読むより安く購入できますよ。

無料会員になれば、会員限定の無料漫画や初回半額クーポン、週末クーポンなどでお得に漫画を読めます。クーポンやセールを駆使すれば、さらに安く読むことも可能ですよ!

初回半額クーポンでお得に漫画が読める!

登録無料、漫画購入以外に料金は発生しません

『暁のヨナ』を無料で読むには?

『暁のヨナ』を集めるならebookjapanが一番おすすめです。

しかし、『暁のヨナ』最新刊だけ読めればいい、最新話を無料で読みたいなら、以下のようなサービスもあります。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600円分900円分1,600円分
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間中に取得可能なポイントで、漫画や動画を楽しむことができます!
公式サイト公式サイト公式サイト

これらのサービスの無料トライアル期間中にもらえるポイントを利用すれば、最新刊や雑誌の最新号を無料で読むことができます!

U-NEXTは、アニメや映画、ドラマなど見放題本数180,000本以上もあるので、無料期間だけでも試してみてください。