漫画で人生にワクワクを!

暁のヨナ【第26巻ネタバレ】戦争は回避されるのか?ハクに許嫁?!

花とゆめで連載してる草凪みずほ先生の『暁のヨナ』第26巻を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

ゴビ神官はどうするつもり…?!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
27巻全話まとめ25巻
前回あらすじ

スウォンと会談の約束を取り付けて来たヨナ。

一方、コウレン姫たちは奇襲に遭っていました。

敵の黒幕はゴビ神官。

彼の目的は自分が真国で実権を握る事。

そんな中、四龍の力を目の当たりしたゴビは…?!

暁のヨナ 第26巻ネタバレ

ゴビ神官と真国兵は、四龍の力を目のあたりにして驚きます。

スウォンとの戦争を避け、タオ姫を輿入れさせることで友好関係を築こうとしていたゴビ。

しかし四龍の力を手に入れれば、スウォンに媚びずに優位に立てると思い付きます。

ゴビたち真国の兵は、力尽きて気絶してしまった四龍を力づくで連れて行こうとします。

しかし四龍にかけられた縄を切り、四龍を抱きかかえるハク。

そして深痛な表情をみせ、四龍を連れて行きます。

ハクは思います。

ここにいる奴らもスウォンも、自分の大切なものを傷つける奴ら全てを殺してやりたい、どうしたら憎しみを捨てることは出来るのかと――。

 

そこにアルギラがやってきて真国の兵士らを蹴り飛ばして、ハクに謝罪します。

ミザリも駆けつけ、コウレン姫を守るために来たのだと言うのでした。

 

国王到着

その頃、風の部族の野営地の天幕の中ではヨタカが手当てされて寝かされていました。

そこへ空の部族軍共に到着したスウォン。

スウォンの前に引き出されたヨタカ。

テウの助言により、スウォンから自分たちの到着を真国へ知らせるように頼まれ、真国に帰ることになります。

高華国は鬼ばかりがいるわけではないんだと思うヨタカ。

テウに礼を言い、真国軍の元へふらつきながら歩いていきます。

 

真国に戻ったヨタカは、コウレン姫を守って戦うミザリやアルギラたちの姿を目撃。

思うように動かない体に鞭打ちながらも、コウレン姫の元へ駆けつけ、スウォン国王が来ていると告げるのでした。

 

会談へ

コウレン姫は、ヴォルドとアルギラにタオ姫を守るように言いつけ、スウォンとの会談の場所へ向かおうとします。

歩き出したその時、ゴビの軍に襲われて斬り付けられてしまうコウレン姫。

コウレン姫は敢然と立ちあがり、会談へ向かいます。

コウレン姫の勇姿を喜びながらも、力尽きて死んでしまうミザリ。

ヨナもハクと共にタオ姫とコウレン姫に続いて国境付近へ向かいます。

 

・・・・・・

スウォン国王と顔を合わせるコウレン姫とタオ姫。

そこへ息を切らせながら駆け付けて来たゴビ。

ゴビは会談を中止させようと騒ぎ立てますが、スウォンは、四龍と自分は何の関係もなく、神は何の役にも立たないと一刀両断します。

そして貴方とは言葉が通じないようなのでお帰り下さいとゴビを笑顔で追い払うのでした。

 

会談の成否

真国と高華国の会談は無事に終わり、真国には不平等な条件ではあったものの戦は回避されます。

コウレン姫はヨタカに、ネグロとミザリを穹城に連れ帰り埋葬しようと思うと言います。

コウレン姫のその言葉に涙を流すヨタカ。

・・・・・・・

この数日後、真国の王は崩御。

コウレン姫が正式に国王として即位することとなります。

 

許嫁

一方、野営地で治癒している四龍たち。

少しずつ回復しています。

ヨナは、ハクの姿を捜して風の部族の野営地へ向かいます。

そこでヨナが耳にしたのは、ハクには風の部族のあやめという女性の許嫁がいるということ!!

衝撃を受けたヨナはそっとその場を立ち去ります。

 

・・・・・・・・

野営地に戻ったヨナはハクのことを避けます。

今まで自分がハクと一番近い女の子だと思っていた自惚れで恥ずかしくなるヨナ。

 

翌日になっても明らかに様子がおかしいヨナ。

逃げるヨナをハクは追いかけ回して追求します。

ハクに何を言われても受け入れようと覚悟を決めたヨナは、ハクがいなくても大丈夫な時が来たらハクに自由を返そうと思っていたのだと言います。

今がその時ってわけですか?と静かに怒ったように答えるハク…。

二人の関係は拗れてしまいます…。

 

・・・・・・・・・

寂しそうにするヨナにユンはお茶を入れてくれます。

そして、ハクと何かあったのかと尋ねるジェハ。

 

告白

ヨナの話を聞いたジェハは、きちんと話し合ってみるのが一番だとアドバイスします。

勇気づけられたヨナは、ハクに昨日はごめんなさいと謝り、一緒にいてほしいと必死で願うように言います。

それを聞いて呆れた表情をみせるハク。

ハクは叫びます。

何度も離れねぇって言いましたよね、それを義務でやってるわけじゃねぇっていい加減分かれよと。

そして自分が帰る場所はここだとも宣言するハク。

それを聞いていた四龍たちも感動で涙を流します。

 

それでもあやめの存在が気になるヨナ。

許嫁というのはムンドクが勝手に決めただけで、あやめには恋人がいるとハクは説明します。

フラれたの?と言いかけるヨナに食い気味で、俺が好きなのはあんただから!!!とキレながら告白するハク。

ハクの剣幕に唖然とする四龍たち。

同じくヨナも呆気にとられ、真っ赤になって座りこんでしまいます。

一方ハクは思いの丈を言い切ったせいか、スッキリした表情をみせるのでした…。

 

>>『暁のヨナ』第27巻ネタバレに続く

スポンサーリンク

暁のヨナ第26巻の考察・感想

真国と高華国が無事に会談ができ、戦争回避できてよかったです!

それにしても、スウォンと神なんて取り扱い注意物件でしかないのに、そんなこととはつゆ知らずなゴビが惨敗してましたね。

笑顔なのに冷淡で、柔らかな口調なのに取り付く島のないスウォン様。

苛々してるスウォンがゴビをバッサリ切ってくれて、読者もスッキリしました!!

 

さて、おめでとうございます♪

26巻にしてついにハクがヨナに告白しましたね♡

こんなに思いの丈をぶつけただけの告白になるとは思っていませんでしたが、これぞハクらしい告白だなーと!!

ハク様に甘い口説き文句やテレなぞ、似合いませんからね。

少女漫画のヒーローながらも、主人公と読者をキュンとさせる気が全くないハク。

もはやそこが彼の個性であり魅力だと思ってます!

そして合間に四龍たちのリアクションもギャグ風に描かれていて、それが一層笑えましたね♪

読者はとっても納得できる告白でしたが、赤面状態のヨナさんは果たして…?!

続きが楽しみですね♪

暁のヨナなど漫画をお得・無料で読む方法!

以上、『暁のヨナ』第26巻のネタバレになります。

ネタバレを読んでみて、実際に漫画を読みたくなった方は、ぜひコミックスなどを購入して読んでくださいね。

文字だけだと大まかなストーリーは分かるけど、細かいやり取りや漫画を読んだ時に感じる感動、ワクワクなどを楽しめなくて面白さが半減しちゃいます;

電子書籍サービスを利用すれば、紙で漫画を読むより安く購入できますよ。

無料会員になれば、会員限定の無料漫画や初回半額クーポン、週末クーポンなどでお得に漫画を読めます。クーポンやセールを駆使すれば、さらに安く読むことも可能ですよ!

初回半額クーポンでお得に漫画が読める!

登録無料、漫画購入以外に料金は発生しません