漫画で人生にワクワクを!

暁のヨナ【第24巻ネタバレ】ヨナがオギに差し出したのは…?!

花とゆめで連載してる草凪みずほ先生の『暁のヨナ』第24巻を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

情報屋のオギさんに期待♡

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
25巻全話まとめ23巻
前回あらすじ

開戦派のコウレン姫の求心力を間のあたりにしたヨナ。

スウォンと戦争回避の話し合いができないか交渉をしてくると、コウレン姫たちに申し出ます。

スウォンに会う為のツテを模索する中、ヨナたちは情報屋のオギに出会い…!!

暁のヨナ 第24巻ネタバレ

ヨナとハクが生きていたことに驚くオギ。

ハクは“失踪中”となってるはずの自分たちを、なぜ死んでいると思ったのかと追及します。

 

スウォンとは長い付き合いで可愛いという気持ちを抱いているオギ。

さらには今や最高権力者・現国王のスウォン。

オギは当然スウォン贔屓したい気持ちを抱いている一方で、スウォンは仲間を裏切ったのではないかと考えていました。

そして複雑な心境ながらも、オギはヨナの願いを聞き入れることにするのでした。

 

緋龍城にて

父の言いつけで緋龍城に滞在している水の部族長の娘・リリ。

どうやらリリの父親は、スウォンが我が娘を娶ってくれることを目論んでいる様子。

それに気付いたリリが嫌そうな顔をすると、スウォンも自分も嫌だから大丈夫だと笑顔でキッパリ言います。

 

そこへオギから手紙が来ます。

それをみたスウォンは真顔になるのでした…。

 

再会

オギはヨナたちを連れて、緋龍城近くの空都に戻ります。

スウォンをいつもの情報屋の家に呼び出す手紙を出したオギ。

そこへオギの所へやってくる一人の男性…。

――やってきたのはスウォンではなく、なんとミンス。

 

元はヨナの父・イル国王の側仕えをしていて、あの夜ヨナとハクが城から逃げ出す手助けをしてくれたミンスですが、今はスウォンの配下となっていると言います。

ミンスはスウォンからの返事を持ってきていました。

そこには、要求には応じることは出来ないという返事…。

 

知らなかったとは言え、結果的にはスウォン側の間者になってしまったことを懺悔するミンス。

そしてヨナから罰を受ける覚悟でここに来たといいます。

しかしヨナは、罪滅ぼしならもう終わっている、会いにきてくれてありがとうと微笑みます。

そんなヨナをみてミンスは、叶うならばもう一度イル国王とヨナのことを語りたいと思うのでした…。

 

対価

結果、スウォンとの交渉が決裂したヨナたち。

時間もなく焦ります。

そこでハクは風の部族に協力を要請することを決断。

オギに風の部族に伝令をしてくれるように頼みます。

国王に逆らうことになると渋るオギですが、仲間を裏切る奴は許せないと言います。

スウォンの行動に納得がいかない気持ちも抱えていたオギは、情報屋として割り切って動く為にも、見合う対価を要求。

しかしお金を持ち合わせてないヨナ一行。

ヨナは、スウォンからもらった簪を差し出します。

高価な代物に沸き立つオギは、簪に見合う動きをすることを約束します。

一方、驚きの表情をみせるハク…。

 

ハクの伝令

オギの伝達によって、迅速に風の部族長・テウはハクからの手紙を受け取ります。

真国の者たちとの戦闘を避けろという内容に驚きながらも、“ハク様の言葉は絶対”という誓いの元に、ハクの指示を守る風の部族たち。

 

動き出すヨナ

ミンスの情報により、ヨナはスウォンと空の部族が3日後に真国へ進軍するという情報を得ます。

一刻を争う事態の中、ハクには今すぐ風の部族の元へ向かってもらい、自分はスウォンたちの進軍を遅らせるための策に動くと言うヨナ。

別行動を取ると突然言い出すヨナを止めようとするハク。

しかしヨナは後悔しないように最善を尽くそうと言い、ハクを納得させます。

そしてハクに口づけをするのでした…。

 

頼れる者たち

ヨナがミンスを連れて向かったのは、火の部族領の彩火城。

ヨナが会いたかった相手はテジュンでした。

ヨナが訪ねて来てくれたことに感涙するテジュンに、ヨナはここへ来た目的を話します。

それはテジュンの立場を危うくする可能性の高い頼み事。

しかし、テジュンは即答で快諾してくれるのでした

 

・・・・・

程なくして、火の部族から狼煙が上がります。

それは、火の部族が他国に侵略された時の知らせの合図

これで空の部族は簡単には動けないはずだとつぶやくヨナ。

ミンスは、ヨナが秘める大きな力に畏れを感じるのでした…。

 

・・・・

一方、真国との国境付近で、ハクの言いつけに通り真国と仲よくしている風の部族たち。

そこへハクとヴォルドが到着します。

ハクに会えて、大喜びする風の部族たち。

そこへコウレン派の武将・ヨタカとミザリがやってきます。

ヴォルドがこの戦の無意味さを説きますが、なかなか理解してくれません。

 

思案

ヨナはミンスとは別れ、アルギラと共に真国へ向かう馬車の中。

ヨナはこの状況でスウォンがどう動くつもりか思案し続けます…。

そしてスウォンなら水の部族を動かすことに気付くヨナ…。

 

四龍とミザリ

四龍に憧れ過ぎて言動がおかしくなった真国の武将・ミザリは、四龍たちの横の牢へ放りこまれます。

ゼノはミザリに、四龍の血肉を食っても四龍の力は手に入らないと教えます。

昔死んでほしくない人間がいたけれど、みんな等しく死んでいったことを話すゼノ…。

 

対面

ヨナが予想した通り、スウォンたち空の部族の兵は水の部族に援軍を求め、進軍していました。

馬車の中から見ていたヨナとミンスですが、進軍兵に不審者として見つかってしまいます。

騒ぎに気付いたケイシュク参謀がやってきます。

ヨナに気付き、ヨナが生きていたことに驚くケイシュク。

ケイシュクは、ヨナを真国の密偵だと言って殺せと兵に命じます。

しかし、なぜここで不条理に殺されなければならないのだと睨みを利かせるヨナ。

それが父を葬ってまでして手に入れた地位でやりたかったことなのかと――。

 

ヨナの気迫に圧倒されたケイシュクは、ヨナの変わり様に驚きます。

そこへ後ろからやってきたスウォン…。

――ヨナが居ることに驚くのでした…。

 

>>『暁のヨナ』第25巻ネタバレに続く

スポンサーリンク

暁のヨナ第24巻の考察・感想

背中合わせで戦うヨナ・ハクの表紙…。

確かにハクなら当然背中を任せれますよね…。

任せれるといえば、今巻改めてヨナが今頼れる仲間が高華国内でどれだけいるのかが明白になったかと思います!

城を追われた直後は、ハク以外誰も味方のいなかったヨナ。

それが今ではいざと言う時に頼ったら動いてくれる味方がこんなにも増えたんだなーと感慨深いものがありますね。

 

それにしてもヨナの唐突なキスに、ハク様は錯乱状態になってしまいましたね♡

でもヨナがこういう子だと知ってましたよ!

いざと言う時に自分の決定に有無を言わさない為に、ヨナが強行手段に出るのは、今に始まったことじゃありませんから!

語弊があるかもですが、テジュンもしっかり転がされてましたね~。

基本的にヨナの味方ってヨナの信者。

自分に惚れ切っている相手に、自分の身一つで迫るという手段をやってのけちゃうのがヨナなんですよね~。

ケロっとやってのける罪深きヨナをこれからも応援したいと思ってます!!

 

さて一刻を争う展開で緊張感がずっと漂う中、ついにスウォンと対面したヨナ!

スウォンを見ただけで、ただただ震えてしまう少女の姿はもうありません。

本当に成長しましたね。

さぁスウォンとの話し合いは成立するのでしょうか?

続きが気になります!!

暁のヨナなど漫画をお得・無料で読む方法!

以上、『暁のヨナ』第24巻のネタバレになります。

ネタバレを読んでみて、実際に漫画を読みたくなった方は、ぜひコミックスなどを購入して読んでくださいね。

文字だけだと大まかなストーリーは分かるけど、細かいやり取りや漫画を読んだ時に感じる感動、ワクワクなどを楽しめなくて面白さが半減しちゃいます;

電子書籍サービスを利用すれば、紙で漫画を読むより安く購入できますよ。

無料会員になれば、会員限定の無料漫画や初回半額クーポン、週末クーポンなどでお得に漫画を読めます。クーポンやセールを駆使すれば、さらに安く読むことも可能ですよ!