漫画で人生にワクワクを!

暁のヨナ【第10巻ネタバレ】ヨナの生存を確認したテジュンは…!

花とゆめで連載してる草凪みずほ先生の『暁のヨナ』第10巻を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

花ちゃん

テジュンづくしの10巻♡

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
11巻全話まとめ9巻
前回あらすじ

横暴な火の部族の役人からの村を守る為、賊を名乗るヨナたち。

一方、ヨナを殺してしまった罪に廃人状態の火の部族長の次男・テジュン。

兄から賊の討伐を命じられましたが…?!

暁のヨナ 第10巻ネタバレ

 

加淡村に賊討伐のために彩火城よりやってきたスジン将軍の次男・テジュン。

しかしヨナを死なせてしまったショックを引きずりまくっています。

死にたがっていてやる気がなく、現地の部下も戸惑ってしまう状態。

・・・・

村に向かうと、テジュンはさっそく腹へり一行に遭遇します。

ジェハに足で頭を押さえつけられながら、お頭役であるヨナの声を耳にしたテジュン。

しかしヨナの顔を見れないまま、キジャによって遠くへ投げ飛ばされてしまうのでした。

 

・・・・

部下たちの看病にされたテジュンは、目を覚まします。

そして、もしかして崖から生還をしたヨナが、賊のケダモノに捉えられているのでは?という勝手な妄想を膨らまし心配します。

ヨナを救い出さそうと決心したテジュン。

急に生きる気力をみなぎらせます。

テジュンがようやく決起する姿に喜ぶ部下たち。

・・・・・

しかし正面から挑むとキジャとジェハにあっさりやられてしまい、テジュンはヨナに辿り着けません。

そのためテジュンは村人に扮して村に潜入することにします。

貧しく寂れた様子や泥水のような汁を分け合って飲む子供の姿を目の当たりにし、ショックを受けるテジュン。

結局またヨナの姿を見つられないまま、夜に。

寒くてブルブルと震えているテジュンは、焚き火があるのを見つけ、そばに駆け寄ります。

 

テジュンがその焚き火の側にいる人を見ると――それは紛れもなく雷獣・ハクなのでした――…。

 

テジュンの再会

焦ったテジュンは、荷物の中の狼煙を誤って焚き火に落としてしまいます。

狼煙が上がるとテジュンの部下の兵が村に総攻撃をかける為の合図の為のもの。

テジュンは烽火を上げたのは事故で、すぐに兵を止めに行くから逃がしてくれと頼みます。

しかし、テジュンを帰したらヨナと自分が生きていることが部族や緋龍城にまで伝わることを警戒するハク。

そうなるならテジュンを殺すと断言します。

ヨナが生きているのかが知りたいテジュン。

ゼノがヨナは生きてることを教えます。

ヨナが元気に生きていることを知って泣き出すテジュン。

そこにヨナがやってきます。

生きていることが判り、平伏したまま号泣しながら喜ぶテジュン。

ヨナは目を真ん丸にして驚きます。

テジュンは、ヨナに兵を止めに行かせてくれるように願い出ます。

もし約束を違えるような事があれば殺して下さいと。

ヨナに眼を見て答えるように言われたテジュンは顔を上げますが、その顔は涙であまりにひどい有様。

その姿に驚いたヨナは、おもわず吹き出してしまいます。

そしてテジュンを釈放したいと言うヨナ。

それをハクは呆れ&諦め顔で、ユンは引き気味の顔で、ゼノは温かい笑顔で見守るのでした。

・・・・

テジュンは火矢の降る中、兵を止める為に駆け出します。

烽火は手違いであったことを告げられた兵は、引き上げていくのでした。

 

変わっていくテジュン

翌日、ヨナに会いたいテジュンは、結局村に出向きます。

そして村の状況を知るテジュン。

さらにヨナたちはその現状と必死に戦っていることを知ります。

ヨナの姿に影響を受け始めるテジュン。

テジュンは変わり、村のために懸命に働き出します。

そして流行り病にかかった村人の看病に尽くしたテジュンは過労で倒れてしまいますが、ユンはテジュンの初期対処が良かったので村人は回復すると言います。

今のテジュンに会えてよかったというヨナ。

傷ついて死んでいく部下に顔色一つ変えないテジュンが嫌だったけれど、今はもう別人のようだとヨナはいいます。

そんな変わったテジュンに、部下たちも忠誠を誓い、火の部族がまとまりはじめるのでした。

ゼノはテジュンに予言をします。

この高華国にとってきっと大きな存在になるよと――。

 

 託されたテジュン

夜、村人と役人や兵士達による宴が始まります。

テジュンの所にそっと来たヨナ。

明朝ここを出るから別れを言いに来たと言います。

テジュンに火の部族の民を託してもいいかと尋ねるヨナ。

光栄の極みだと答えるテジュン。

ヨナを背にしたまま平伏したテジュンは、強く願います――。

――どうかあなたが幸せでありますようにと…。

 

>>『暁のヨナ』第11巻ネタバレに続く

スポンサーリンク

暁のヨナ第10巻の考察・感想

 

テジュンに始まり、テジュンに終わった10巻でしたね。

1巻ですでに登場しているテジュン。

しかし当時こんな愛すべきキャラになるとは全く予想していませんでした!

 

とにかく表情が豊かなテジュン様。

”逝きたがっていた”死相感漂うお顔も、なぜかテジュンだと面白いです。

そしてハクに遭遇してしまったとき。

ムンクの叫び状態の顔になってしまっていて、笑っちゃいました。

確かにテジュンの立場で、夜一人でハクに出くわしちゃったら、相当怖いだろーなーと!

そしてついにヨナに会えた時の表情!

嬉しさを噛み締めるテジュンの顔は、本当に可愛いかったです♡

 

終始コメディータッチで描かれるテジュン様ですが、事実を知ったら己の間違いを認め、行動を改められるところは素敵ですよね。

そこはヨナと似てるなーと。

とっても素直で真面目なところが似ているヨナとテジュン。

今後に対する伸びしろが高い、期待値の高い2人です!

 

さて今巻はゼノが気になるセリフをたくさん吐いていた気がします。

無邪気にみせてるけど、ゼノって何かを抱えてますよね…?

だいたいヘラヘラと明るく笑ってるキャラはたいてい何かある気がします。

スウォン様もそうですし。

 

ユンの行きたいところへ行くことにしたヨナたち。

ヨナたちの旅。

今後どこへ向かうことになるのでしょうか?続きが楽しみです。