漫画で人生にワクワクを!

素敵な彼氏【第55話ネタバレ】卒業式、そしてお見送り

別冊マーガレットで連載している河原和音先生の『素敵な彼氏』第55話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

花ちゃん

最終回も近づき、ついに卒業式です!!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
56話全話まとめ54話
前回あらすじ

受験が無事に終了。桐山くんの家に遊びに行きますが、ののかはついにするのかと意識して、とても緊張しています。

そんな様子に気付いた桐山くんは、ののかがオッケーでなければ何もしないと言い、そのやりとりをする中で、桐山くんとの時間が大事だとののかは伝え、ついに2人は結ばれます。

その後、ののかは桐山くんがすごく好きで、こうなったのがすごく自然なことだったと思ったのでした。

登録無料で初回半額クーポンゲット!!

以下、『素敵な彼氏』第55話のネタバレが含まれています。

素敵な彼氏 第55話ネタバレ

明日は卒業式。

ののかは桐山くんとビデオ電話をしています。

卒業式でやりたいことを聞かれますが、特にないと答えるののか。

ネクタイやボタンを要るかと聞かれ、欲しいと即答します。

ボタンの外し方が分からないからブレザーごともらってと言われ、なんだか桐山くんをおそったみたいとののかは赤面。

 

そして卒業式当日

卒業式の朝、前髪が上手くセットできないののかに、母親が入学式の時も同じことを言っていた、成長していないねといいました。

ののかはムキになって、成長しているよと、授業で習ったことを母親言います。

そして、頭の中で他にもいろいろと成長した…と桐山くんとしたことを思い出し、おもわず顔を覆うのでした。

 

・・・・

桐山くんにもらったリボン、リング、香水をつけて学校へ行き、桐山くんに会いました。

2人は大学も一緒だし、自宅から通学なのであまり寂しさがないなと感じます。

式の最中、制服姿を見れるのが最後だと思い、桐山くんを凝視して焼き付けようとするののか。

木名瀬さんの名前が呼ばれ、神田くんとどうなったのかとか、東京に行くから会えなくなると考えます。

そして、エリハの姿を見つけ、エリハとも離れることに気付き、寂しいと涙目に。

卒業式の後にみんなで寄り道

無事に式が終わりますが、教室からなかなか生徒が減りません。

すぐに帰りたくない気持ちが分かると、ののか。

エリハと真太郎が来て、一緒にフードコートに行こうとののかと桐山くんを誘いました。

近くにいた木名瀬さんも行くことに。

 

・・・・

卒業アルバムを5人で見て、ワイワイ盛り上がります。

アルバム内で桐山くんの姿を見つけて、この時はまだ彼氏じゃなかった、この時は彼氏だったと浸るののか。

そんな時、桐山くんがブレザーとネクタイをバサッとののかにかけて渡してくれました。

エリハと木名瀬さんの出発の日が同じ28日だと分かり、ののかはショックを受けます。

しかも、エリハは飛行機、木名瀬さんはJRで、お見送りに行けないと。

でも、時間が約1時間の差なので、ののかはギリギリ行けると判断します。

みんなとエリハ達とバイバイして、卒業したな、高校楽しかったなとののかは思いました。

桐山くんはののかの計画がギリギリすぎてサポートが必要だから、俺もお見送りに行くといいます。

一生懸命2人にあげるさし入れにを考えるののかを見て、突然キスをする桐山くん。

びっくりしましたが、ののかも思い出にと抱きつきました。

 

・・・・

自分の部屋で卒業アルバムをゆっくりみるののか。

エリハも木名瀬さんも桐山くんを好きだった時期があったことに気付き、桐山くん成分が濃い関係だと気付きます。

でも、2人とも今は大好きな友達なので、どうやって仲良くなるのか分からないもんだと思いました。

 

木名瀬さんとエリハのお見送り

28日のお見送りの日。

最初に木名瀬さんのお見送り。

桐山くんがベンチを見つけてくれ、時間があったので木名瀬さんとののかは座って話をすることに。

ののかは単刀直入に神田くんに告白したかを聞きました。

真っ赤になりながら木名瀬さんは告白したといいますが、すぐに結果を教えてくれず、ののかはうずうず。

告白の実況中継的な説明のあと、付き合ってみようとなったと木名瀬さんがいい、ののかは大喜びで抱きつきます。

抱きつかれた木名瀬さんは前にもこうしてくれたことがあったのを思い出し、ののかにしたひどい事をあやまりました。

木名瀬さんの気持ちを察したののかは、許しているとハッキリ伝え、2人は涙目に。

そこへ電車の時間じゃねと桐山くん登場。

急いでホームへ行き、電車に乗り込みました。

木名瀬さんは、ののかと桐山くんが素敵で、いつか神田くんとそうなれるかなと言います。

人それぞれだからならなくていい、もう既にいいかんじだと答える桐山くん。

行ってしまったと涙するののかですが、急がないとエリハに間に合わないと桐山くんが指摘します。

電車に飛び乗り、エリハにラインをすると、雪で30分遅れているとのこと。

 

・・・・・

空港で無事にエリハに会いますが真太郎は昨日東京へ行き、親は仕事で1人でした。

寂しがりじゃないし、ののかも来なくてよかったのにというエリハ。

しかし、時々言うとおりじゃないから~とののかはエリハの寂しくない発言を疑います。

そう言われ、ののかのような友達ができると思わなかったとエリハは言いました。

いままで友達は離れたら連絡しなくなったからと。

ののかとは一生友達だと思うといわれ、ののかは驚きます。

が、すぐに桐山くんと別れても友達でいようねといわれ、いつものノリツッコミに。

あっという間に搭乗時間。

ここまでだからと、ゲートに向かうエリハに向かって、自分もずっと友達でいると涙流しながらののかは言いました。

エリハは振り返って笑顔でバイバイして、飛行機の方へ行きます。

ののかは号泣。それを優しくなぐさめる桐山くん。

一生のお別れではないのに、涙が止まらない

友達になり楽しい時間を過ごしたけど、離れてしまうので寂しい。

絶対にまた会おう。

ののかには笑顔で別れたエリハも、飛行機内では涙を流していました。

飛んでいく飛行機を見ながら、ののかは一緒にきてくれてありがとうと桐山くんに伝えます。

なぐさめる為にきてくれたのとののかが聞くと、自分が来たかっただけだと。

変わらない言い方をする桐山くんにまた嬉しくなるののかでした。

 

>>『素敵な彼氏』第56話ネタバレに続く

スポンサーリンク

素敵な彼氏第55話の考察・感想

ついに卒業しましたね。

卒業式のシーンはあっという間でしたが、友達をみて会えなくなるんだな~さみしいな~となる気持ちはすごく分かります。

って、浸っていて自分の名前が呼ばれていたのに気付かなかったってののかっぽい。

そのせいで大声で返事してましたし。

卒業アルバムを見るのたのしいです。

こんなのあったな~とか、ここに誰々がいる!とか。

一体いつブレザーあげるんだろうと思っていたら、桐山くんって本当にタイミングがいい。

ののかが考えているのがバレバレなんでしょうか。

そして…出発が同じ日とか、ののかじゃなくてもちょっとビックリしますよね。

ちょっとチャレンジャーなスケジュールで大丈夫かと思ったら、やはり桐山くん。

本当にベストなタイミングです。

この2人は本当にいいなぁ。

木名瀬さんが素敵というのがよく分かる。

ののかの突っ走りと、桐山くんの冷ややかでも優しい感じが、とってもいいバランスですね~。

もうすぐ見れなくなるのが残念。

で、エリハの強がりを見抜いているののか。

うわべの友達じゃない、素敵な友達だね。

そして、油断しました…

機上で前を向いて涙を流すエリハにうるっときてしまいました。

次回は最終回。どんな感じで終わるのでしょうか?

>>『素敵な彼氏』ネタバレ一覧【最新話更新中】

素敵な彼氏など漫画をお得に読む方法!

以上、『素敵な彼氏』第55話のネタバレになります。

花ちゃん

ネタバレを読んでみて、実際に漫画を読みたくなった方は、ぜひコミックスなどを購入して読んでくださいね。

文字だけだと大まかなストーリーは分かるけど、細かいやり取りや漫画を読んだ時に感じる感動、ワクワクなどを楽しめなくて面白さが半減しちゃいます;

電子書籍サービスを利用すれば、紙で漫画を読むより安く購入できますよ。

無料会員になれば、会員限定の無料漫画や初回半額クーポン、週末クーポンなどでお得に漫画を読めます。クーポンやセールを駆使すれば、さらに安く読むことも可能ですよ!

初回半額クーポンでお得に漫画が読める!

登録無料、漫画購入以外に料金は発生しません

『素敵な彼氏』を無料で読むには?

『素敵な彼氏』を集めるならebookjapanが一番のおすすめです。

ゆめちゃん

しかし、『素敵な彼氏』最新刊だけ読めればいい、最新話を無料で読みたいなら、以下のようなサービスもあります。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600円分900円分1,600円分
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間中に取得可能なポイントで、漫画や動画を楽しむことができます!
公式サイト公式サイト公式サイト

これらのサービスの無料トライアル期間中にもらえるポイントを利用すれば、最新刊や雑誌の最新号を無料で読むことができます!

U-NEXTは、アニメや映画、ドラマなど見放題本数180,000本以上もあるので、無料期間だけでも試してみてください。