漫画で人生にワクワクを!

それでも愛を誓いますか?【第15話(分冊47~49話)ネタバレ】大きく変化する純の気持ち

めちゃコミックで連載してる萩原ケイク先生の『それでも愛を誓いますか?』第15話(分冊47・48・49話)を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

下心なく純を励ます真山。切なくなります!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
16話全話まとめ14話
前回あらすじ

沙織とキスをしてしまったことを猛省している武頼。

自分が悪いと思いつつも、純の冷たい態度に嫌気がさしてきてしまいます。

沙織はSNSを通じて純にまで接触して来ました。

もう関わるなと何度も伝える武頼ですが、沙織は諦めません。

純は、真っ直ぐ自分を見つめてくれる真山に対し、気持ちの変化が起きて‥?

それでも愛を誓いますか? 第15話(分冊47~49話)ネタバレ

急な社内の停電の中、暗い会議室で真山に抱きしめられた純。

自分と真山の心臓の音が重なります。

すぐに電気が復旧し、明るくなると慌てて離れる2人。

真山は、もっと純の話を聞きたい、とオンラインゲームのチャットでは無く直接連絡先を知りたいと言います。

純も了承し、連絡先を交換しました。

会議室を出ると、抱きしめてしまったことを後悔する真山。

純は、本当は辛かった時に真山が頭に浮かんで連絡したことを本人には言えませんでした。

・・・・・

公園で話す武頼と沙織。

急に抱きついて来た沙織を離そうと、武頼が腕をつかみます。

が、沙織は自分から離れ、また連絡してね、と小さな笑みを浮かべて去って行きました。

沙織は、心の中で『押して引いて‥』と何かを計算しているようです。

関わるなと言っているのに分かってくれない沙織に苛立ちを感じる武頼。

連絡先は既にブロック済み。

SNSも消してしまおうと思いますが、純にも近づこうとしている沙織の動向がこわいため、そのままにしておきました。

説得のためとは言え、また純に内緒で沙織と会ってしまい、武頼は罪悪感でいっぱいになります。

 

優しさの裏には‥

夜、純と武頼はほぼ同時に帰宅しました。

お互い疲れていると思い、気を遣い合います。

ただそれだけでは無く、純は真山に抱きしめられ連絡先を交換したことで、秘密ができてしまいました。

言えないことがあるせいで優しくできる‥。

腹の底辺りが苦しくなる純。

もしかして沙織とのことを秘密にしていた武頼もこんな気持ちだったのだろうか?

自分も武頼を傷つけているのだろうか?

喧嘩に蓋をして取り繕う事に疲れた純。

武頼は今朝、ちゃんと話そうと言ってくれましたが、そんな気力もありません。

こんな時に真山の顔が浮かんでしまいました。

本当にどうしよう、と純は自分の気持ちに困惑します。

・・・・・

純が配属された渉外はいつも忙しいです。

だんだん、課長のクセが強いことも分かって来ました。

純が結婚前に企業に勤めていた頃とは、仕事の仕方にも大きく変化が出ています。

クラウドや専用アプリといったデジタル化が進んでいました。

気を抜くと社会から振り落とされてしまいそうだと、ここでも踏ん張らなければいけません。

そんな時、同じ課の三好が声をかけてくれます。

感じの良い、しっかりしたママという印象の女性です。

忙しい渉外だけど、みんな耐えて頑張っているという話をしてくれました。

それを聞いて、純も頑張ろうと思えます。

純なりのやり方で、周りに気遣いをしながら乗り越えようと思いました。

 

真山の気持ち

武頼は上司から仕事を頼まれていました。

泊まり込みの可能性もある現場に入ってもらいたいという話です。

結婚してからは忙しくても何とか帰宅していた武頼。

しかし今は、家にいるより良い時かも、と仕事を引き受けました。

・・・・・

純の連絡先を知った真山ですが、イマイチ何とメッセージを打てば良いのかわかりません。

昼休み屋上で悩んでいると、先輩の藤谷が声をかけてくれました。

藤谷は、真山が純に惹かれていることを知っています。

真山は、自分が純と付き合いたいというよりも、とにかく純に元気になってほしいのです。

不倫の恐ろしさを知っている藤谷ですが、真山の純粋な想いに同情し、また三人で飲みに行こうと誘ってくれました。

何とメッセージを送れば良いか迷っていた真山は、やっと送信することができます。

藤谷と三人で飲みに行こう、という内容と、もう一通。

元気出してください、と送りました。

それを家で見た純は、真山はもう『男の人』だと思ったのです。

顔を赤くし、両手で頬を覆っていました。

 

>>『それでも愛を誓いますか?』第16話(分冊50~52話)ネタバレに続く

それでも愛を誓いますか?第15話(分冊47~49話)の考察・感想

沙織と武頼のことで疲れてしまった純。

真山の真っ直ぐさが心に染みますね!

それは恋愛感情なのか‥?

それとも、弱っているところに純粋な想いが伝わって揺れてしまっているだけでしょうか?

第一印象こそ良くなかったものの、同じ会社で働く中で真山が良い人だと知っていた純。

好かれて、もちろん悪い気はしないと思います。

『既婚者だから』踏みとどまっているのでしょうか?

武頼の方は、沙織に本気で嫌気がさしているようです。

純のことが大切だから、守りたいという思いもあるのでしょう。

今回も事情があり2人きりで話してしまいますが、純にとってその内容は関係ありません。

説得するためだったと言われたとしても、キスをした事実がある以上好意があると思ってしまうのは当然です。

2人で会ったということ自体が嫌なのですから、また武頼は秘密が増えてしまいました。

純も自分にも秘密ができてしまったから、優しく接することができたと考えていました。

一つ嘘が明らかになると、今までの武頼の優しさも『秘密があったから?』と疑心暗鬼になってしまいますよね‥。

純と結ばれることまでは望んでいない真山が、徐々に純の心に入ってきました。

どんどん大きくすれ違っていく純と武頼は、一体どうなってしまうのでしょう?!