漫画で人生にワクワクを!

それでも愛を誓いますか?【第10話(分冊30~32話)ネタバレ】沙織と会っていたことを知った純は‥?!

めちゃコミックで連載してる萩原ケイク先生の『それでも愛を誓いますか?』第10話(分冊30・31・32話)を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

武頼の秘密がとうとう純にバレてしまいます!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
11話全話まとめ9話
前回あらすじ

純にきちんと告白しようと決心した真山でしたが、先輩の助言もあり、思いとどまります。

純を好きになるということは、家族や会社、周りの人を不幸にする事だと現実的に考えました。

それでも、真山は自分が受け止める覚悟ができています。

そのために、今まで熱心では無かった仕事も精一杯頑張ろうと思えました。

来るかどうかも分からない待ち合わせ場所で、純を待つ真山。

一体純は来てくれるのでしょうか?

それでも愛を誓いますか? 第10話(分冊30~32話)ネタバレ

駅のホームを走る純。

久しぶりに履いたヒールのせいもあり、息切れしています。

真山と約束していた今日、無意識にヒールのある靴を選んでいました。

純は、真山に異性として気にしてもらえていることが嬉しかったのです。

‥武頼には、女として求めていないから。

そして、時間には遅れたものの待ち合わせ場所に到着。

来ないだろうと思っていた真山は、驚きと嬉しさを隠しきれません。

その表情を見て純は、自分の自惚れでは無いと確信しました。

しかし、自分がされて嫌なことは出来ない純。

もう2人で会うのは辞めようと言います。

会社で噂になるのも良く無いし、と純が言うと、真山は噂なんて怖く無いと言いました。

そして正面から純の腕を掴み、会いたくて待っていた、とまっすぐ伝えます。

会わなくても良いから連絡は取りたい、と真山は言います。

『好き』とは結局伝えていないものの、純には十分伝わりました。

・・・・・

家に帰ると、純の携帯にメッセージが。

連絡は取りたいと言った真山の言葉が浮かび、もしかして?と思い画面を見ます。

相手は真山では無く武頼でした。

その時、『なんだ‥』と思ってしまった純。

その自分の気持ちが最低だと反省します。

武頼からは、純の母に会いに行くため有給をとったという連絡でした。

自分が風邪を引いても休まない武頼。

母のことを気にしてくれている優しさを感じます。

もしかして、『沙織』とは本当になんでも無いのかも?と思いました。

純はベッドに寝ながら、無条件に相手を許す・信じることが、年齢を重ねるにつれ難しくなっていると考えていました。

寝返りを打つと、布団から武頼の匂いがします。

この気配が落ち着く、と思える限り愛を信じよう、と思いました。

そして真山には、ありがとう、でもごめんという気持ちになります。

 

少し前向きになれた純

会社では、来月から配属になる渉外の課長と面談をしていました。

山田課長は女性でバリバリ働いている雰囲気です。

課長は渉外の仕事について、人の顔色を読める人向き。いい仕事に年齢は関係ない!と言い切りました。

その明るい雰囲気に、純は良い上司に当たったと感じます。

挨拶をしに部署へ行くと、忙しくて殺伐としています。

配属になる前から、渉外は忙しいから、と笑顔で脅されました。

そして早速、仕事について純の意見を聞かせて欲しいと課長から言われます。

今まで、派遣さん、と呼ばれていたのが、名前で呼ばれ意見を求められる環境。

嬉しく、責任も感じます。

・・・・・

会社に入る前は、妊娠の報告が『体の関係があります』と聞こえて辛かった純。

20代の頃もそういう話題が多かったためか、今自分がレスで、このまま男性と体を重ねることのない人生かもしれない、ということについていけていません。

ただ、見た目で可愛いとかカッコいいとか気にしていた若い頃と違い、最近は本当に美しいものが分かるようになって来ました。

お弁当屋のおばちゃんに笑顔で『頑張って!』と言われると、そう思えたのです。

 

沙織からのメッセージ‥

翌日、母へ会うため施設に向かう2人。

レンタカーを借り、武頼が運転しています。

方向音痴の武頼と少し言い合いのようになりますが、そのやりとりさえ楽しめていました。

施設では、母の体調を気遣いながら他の利用者とも楽しそうに接してくれる武頼。

母の体調も、思ったほど悪くはありませんでした。

お金の話が出ても、武頼は、母が楽しく過ごせるのなら問題ない、と言い切ります。

純は、ありがとうと心の中で何度も思いました。

帰りの車の中、純は派遣ではなく社員で働くことになったと報告します。

武頼は、おめでとう!と喜んでくれました。

さらに武頼も、次の人事で所長になれるかも、と昇進の話をします。

すごい!と興奮気味の純。

武頼も、年収が上がることも含めドヤ顔です。

車の中からキレイな夕焼けが見えます。

子供のこともレスのことも曖昧なままですが、純はじんわりと心が暖かくなりました。

・・・・・

レンタカーの返却をしようとすると、武頼がスマホを車に落としたようで見当たりません。

返却手続きをしている武頼の代わりに、純が取りに行きました。

良い1日だった、と笑顔の純。

無事スマホも見つかり、武頼へ渡そうとすると、ちょうどメッセージを受信。

何気なく見た画面には、『足立沙織』の名前。

そして、『この前しちゃってごめんね』と内容が表示されています。

純は号泣しながら、裏切り者、と武頼を罵りました。

そして一人でひたすら走りその場を離れます。

他の人とは出来るんだ‥と涙が止まりません。

 

>>『それでも愛を誓いますか?』第11話(分冊33~35話)ネタバレに続く

それでも愛を誓いますか?第10話(分冊30~32話)の考察・感想

武頼が秘密にしていたことが、純にバレてしまいました!

悪いことはバレるようになっているのですね。

もし武頼がスマホを落としていなかったら‥このまま楽しい1日として終わっていたのかもしれません。

施設でも、車の中でも楽しかっただけに、落胆の差が激しかったですね。

純の母のことを優しく気にかけてくれる武頼は、本当に良い旦那さんだと思います。

こんなに良い人実在するのかってくらい(笑)

純が見た沙織からのメッセージは『しちゃった』という具体的なことは書かれていないものでした。

純はきっと体の関係があったと思い込んでしまったでしょう。

夫の出来心、とか不倫は男の文化とか言われますが、辛いものは辛いです。

ましてや純は、5年間耐えて来ました。

努力もしたし、原因が分からないまま我慢していた5年って、とてつもなく長かったと思います。

ただの一度きりの浮気では済まされません!

きっとこの後武頼が弁解することになると思いますが、純は許すことが出来るのでしょうか?

キスだけ、と言われても納得はできそうにありませんが、夫婦の関係は一体どうなってしまうのでしょうか?!