漫画で人生にワクワクを!

それでも愛を誓いますか?【第8話(分冊24~26話)ネタバレ】真山ははっきりと告白するのか?

めちゃコミックで連載してる萩原ケイク先生の『それでも愛を誓いますか?』第8話(分冊24・25・26話)を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

今回は真山サイド多めのお話です!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
9話全話まとめ7話
前回あらすじ

家に帰ってきてくれた武頼は、反省しているようで優しく接してくれました。

しかし、ゴメンの一言が無かったことや、もしかして沙織と一緒だったのでは、という思いから純はモヤモヤしています。

また喧嘩をしたくないと考えた純は、もう黙って笑っていようと決めました。

そんな時、偶然本屋で真山に会い、純のことが気になって仕方がないと告白されます。

それでも愛を誓いますか? 第8話(分冊24~26話)ネタバレ

真山は社会人になってからのことを思い出しています。

大学時代は、一人で快適でした。

それに比べ会社は‥飲み会の誘いや無意味と感じる上下関係、自分の知らない社会人の常識など、真山が『うるさい』と感じるものばかりでした。

毎日うんざりしているところで、強制的に参加させられた純の歓迎会。

その時に、純が他の人とは違うという事に気づきます。

それから純のことが気になり始めた真山。

そしてついに、その気持ちを本人に伝えようとしていました。

 

動揺する純!

真山は、好きだ、と言おうとしますが、その言葉は口からは出しません。

『人妻』の事実が頭をよぎります。

気になっている、というのは、どういう意味なのか?

純は恋愛の意味なのかどうか、動揺しながらも確かめました。

真山は、本当は伝えたい気持ちがありますが、既婚者にこれ以上踏み込めないと思い、ごまかします。

元気が無さそうだから、気にしていたと言いました。

そして、少しでも楽しんでくれるならまたゲームしましょう、と誘いました。

心の中では、顔も覚えていない純の旦那に腹が立ちました。

純がいるのに、他の女と何やってんだよ、とムカついています。

すると、ふっと純が笑いました。

そして、笑いながら、ありがとうと言います。

お礼ではなくて愚痴を言えばいいのに‥と真山は考えています。

武頼が沙織といるところを目撃した時、偶然真山も一緒にいたので事情は知っています。

しかし一度も愚痴をこぼさない純。

真山は、ただ耐えている純を余計放って置けなくなりました。

 

告白の決意

帰宅した純。

告白かと思った‥と驚きでまだドキドキしています。

水を飲んで落ち着こうと冷蔵庫を開けると、スポーツドリンクと栄養ゼリーが。

風邪をひいていた純のために、武頼が買っておいてくれたのです。

冷静になる純。

まだ帰宅していない武頼に、携帯からお礼のメッセージを送りました。

すると、純の体調を気遣う優しい返信がきます。

優しさには優しさで返してくれる武頼。

純は少し複雑な気持ちになりますが、真山とたくさん笑ったことを思い出していました。

武頼は、純とメッセージをやり取りする姿を見ていた職場の人に、奥さんと仲が良いね、と声をかけられます。

バカなことをしてしまったから、大切にしたいと武頼はs話しました。

・・・・・

真山も自宅へ帰宅します。

一緒に住んでいる母に、最近帰りが遅いね、と言われました。

女っ気もない真山を心配していた母。

彼女でもできた?と聞かれます。

真山は、かなり年齢差があるとか、言えない関係の相手でも良いの?と聞きました。

突然の発言に驚く母をよそに、そのまま部屋へ入る真山。

まさか‥!と思い母が勘ぐったのは、最近流行った男性同士の社内恋愛物語。

とんでもない勘違いをしてしまいました。

真山は部屋で一人純のことを考えています。

周りが恋愛で忙しくなり始めても興味がなかった真山。

学生の頃も距離を置いていたら、コミュ障と言われてしまいました。

それからはマスクで顔を隠すようになります。

それなのに‥。

言えないけど言いたい気持ち。

『好きだ』と声に出して言ってみました。

ありがとう、とお礼を言ってくれて嬉しかったことも伝えたい。

もし旦那といて辛いなら、自分と‥と考えますが、男として見られていないと自覚があった真山は、無理だ、と思います。

気分転換に外へ出ますが、何を見ても純のことを思い出してしまいます。

ちゃんと気持ちを伝えたいと気持ちが高ぶりました。

ゲームのチャット機能を使い、もっとゆっくり会えないかとメッセージを送ろうとしますが、既婚者であることがブレーキになって送れません。

結局また、一緒にゲームのリベンジをしようと送信。

すぐに返信がきましたが、周りの目を気にして断る内容でした。

真山は、離れた場所でなら?と諦めずに送ると、純からOKが。

そして真山は、明日こそ好きだとはっきり言おうと決意します。

 

>>『それでも愛を誓いますか?』第9話(分冊27~29話)ネタバレに続く

それでも愛を誓いますか?第8話(分冊24~26話)の考察・感想

真山、ちゃんと人を好きになったのが初めてだったのですね。

それは純粋で、純もうっかり癒されてしまうのも分かります!

真山の母、おっさん同士の恋愛モノのドラマ見過ぎで笑いました!(笑)

もし、今回真山がちゃんと『好きだ』と伝えていたとしても、純は断ったでしょう。

けれど、今は武頼に必要とされているのか自信がなくなっている純。

きっととっても嬉しい気持ちになったと思います。

夫で無くとも、自分だけを見てくれて、心配してくれたり笑わせてくれる人がいるのって、嬉しいものですよね。

また、前回純は、死ぬまでレスのままだったら‥と考えていましたが、体だけでも浮気するという発想すらなかったようです。

そして真山も先輩にからかわれた時に、そういう事は求めていないとハッキリ断言していました!

この2人のこういう所もなんだか良いと思いました。

隙を見てキスしてくるような沙織と比べると‥(笑)

確かに沙織は離婚しているので、恋愛するのは問題ありませんが、武頼に奥さんがいることを知っていても近づいてくるのが好感持てません!

仕事のストレスで大変なのでしょうか‥。

2人で会ってしまう武頼にも非はありますが、後悔しているようなのでこれ以上純を傷つけることの無いようお願いします(涙)

真山は純に、今度こそハッキリと告白すると決意していましたが、本当に伝えることができるのでしょうか?!

その時、純はどう反応するのか?!楽しみです!