漫画で人生にワクワクを!

わたしの幸せな結婚【第1話ネタバレ】居場所がなくなった美世は嫁ぐことに…

ガンガンオンラインで連載してる原作:顎木渥美先生、作画:高坂りと先生の『わたしの幸せな結婚』第1話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

最近話題の作品で読むのが楽しみ!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
2話全話まとめ
作品あらすじ

異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった美世は、継母や異母妹に使用人のように扱われていた。

唯一、味方だった幼馴染も異母妹と結婚することになり、邪魔者となった美世は、冷酷無慈悲と噂される久堂家へ嫁ぐことになるのでした。

わたしの幸せな結婚 第1話ネタバレ

久堂家当主に挨拶をする美世。

なにも返答がありませんが、無視されることには慣れている。

それに、初めての場所、初対面の人の前で下手に動かない方がいい。

しばらく頭を下げ続けていると、当主は顏を上げろと言うので、顏を上げると、そこには陶器のように真っ白い肌に薄茶の長い髪、青みがかった瞳の美しい男性が。

人は見かけによらず、彼との結婚を諦めた女性が今まで何人もいるのです。

美世にはもうあとがなく、つらい目にあわされようとここでやっていくしかない。

 

齊森家

歴史ある異能者の家系の齊森家の長女として生まれた美世。

美世の両親は、特殊な血を少しでも濃く保つようにと組まれた政略結婚で結婚しましたが、父親には当時恋人がいたのです。

しかし、家に決定に逆らえず、愛のない夫婦の間に生まれました。

それでも、幼い頃は父は優しかったし、母からは目一杯可愛がってもらっていましたが、母が病でなくなり、父がかつての恋人と再婚したことで何もかもが変わってしまう…。

継母は、父との仲を引き裂いた女の娘だからと美世を恨み、異母妹が生まれてからは父も美世に見向きもしなくなってしまいます。

異母妹の香耶は、美世よりも器量が良く、教養もあるし、“見鬼の才”まで持ってる。

異能の才能を持たない美世を香耶と継母が見下すようになり、美世は使用人のような扱いをされるようになるのです。

 

大事な用事

ある日、齊森家に幸次という幼馴染がやってきました。

幸次は、齊森家と同じ異能を受け継ぐ辰石家の次男で、美世と香耶の幼馴染。そして、美世のことを気にかけてくれる心を許せる人でもありました。

そんな彼は洋装で、美世の父親に大事な用事があるのだと言い、奥へと向かいます。

まさか結婚の申し込み…?

使用人扱いの私にそんなことあるわけないと思っていると、父親に呼び出され…。

 

呼び出された先には、父と継母、香耶、幸次が座っていました。

美世が来たところで、父親は話というのは縁談とこの家の今後のことについての話だと言い、齊森家には幸次を婿養子に入って継いでもらうと言いました。

彼の妻となって家を支えるのは香耶だと告げる父。

それを聞いた美世は、なんて馬鹿なことを考えたのだろうと落ち込みました。

そして、父は美世に久堂家の当主、久堂清霞殿のところへ嫁ぐように告げるのでした。

久堂家は格上の名家ですが、その当主の久堂清霞は冷酷無慈悲な人物として有名で、結婚に関しても多くの女性が3日ともたずに逃げ出すという噂がある人物。

教養のない美世が格上の名家である久堂家の当主と上手くいくはずがないことを知っていながら、そんな男性の元へ嫁に行けと言うのです。

家を出たら二度と齊森家の敷居をまたがせないつもりだろう…。

 

話が終わった後、幸次が美世のところへやってきて何もできなかったと謝ります。

美世は、幸次が謝ることではなく、運が悪かっただけだと伝えると、幸次は美世のことを助けたかったと言い、美世に触れようとした瞬間、香耶がやってきました。

そのせいで、これ以上何も話せなく幸次。

幸次は名家の生まれで能力にも容姿にも恵まれているけど、臆病だという欠点があります。優しすぎるがゆえに、何かを言えば美世か香耶のどちらかを傷つけてしまう。

だから、幸次は結局口をつぐむしかないのです。

 

嫁ぐ

夜、美世は寝付けないでいました。

久堂家へ行くときに粗末な格好では齊森家の評判に傷つくからと父に上等な着物を渡された美世は、やはり父は余所行きの着物を持ってないこと知っていたのだと思いました。

昔持っていた母の形見の着物や高価な小物は、すべて捨てられるか継母か香耶に持っていかれてしまっていた。そんな昔のことを思い出し涙ぐむ美世。

そして、朝になり、齊森家を出た美世は、久堂家へと嫁ぎに行くのでした。

 

>>『わたしの幸せな結婚』第2話ネタバレに続く

わたしの幸せな結婚第1話の考察・感想

継母や異母妹だけでなく、実の父親からも相手にされなくなった美世が嫁ぎ先で幸せになっていく…といった感じの話になりそうですね。

ただ、相手は冷酷無慈悲と噂される人物なので最初はツラい目にあうのかも…。

どうなるか分かりませんが、1話目を読んだ感想としては、美世がかわいそうという印象がものすごく強いので、タイトル通り幸せな結婚になってもらいたいですね。

異能についての説明がまったくなかったので、『見鬼の才』についても気になります。

話的に異能が活躍するような話は少なそうですが、世界観に必要だったということは、何かしら事件は起こりそうなので、そこも楽しみです!