漫画で人生にワクワクを!

サレタガワのブルー【第56話ネタバレ】暢甘過ぎ!!藍子の脳内シュミレーション

マンガmeeで連載しているセモトちか先生の『サレタガワのブルー』第56話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

藍子は相変わらずヤバイけど、水無瀬も結構ヤバい奴な気が…。

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
57話全話まとめ55話
前回あらすじ

自宅に戻った暢は、藍子が戻ってきてることに気付きました。

リビングでくつろぎ、平気な顔で暢を出迎える藍子に『異常だ』と伝え、出て行くよう言いますが、藍子はイヤなら暢が出て行けばいいと言います。

そんなやり取りをしてる途中、暢は藍子のバッグの検査薬を見つけ…。

一方、梢は水無瀬からのアプローチに困り果て、強めに距離を置くような発言をするのですが、水無瀬は気持ちを押し付けようとしてきます。

そこへ和正がやってきてしまうのでした。

サレタガワのブルー 第56話ネタバレ

バッグから飛び出た妊娠検査薬を見つめる暢と藍子。

『しくじった!』と思いながら、藍子が暢の様子を伺うと、明らかに妊娠検査薬に気付いているし、青ざめた表情をしているのが分かります。

しかし、何も喋らないので、どういう感情なのかと考えました。

『浮気相手の子を妊娠した』とブチ切れるか、『自分の子か?』と思ってるのか…。

藍子は、暢と最後にしたのはいつかと考え3~4ヶ月前だと思い出し、暢の子ってことにしたら何か得することはないかと考え始めます。

 

藍子の脳内シュミレーション

藍子は脳内でシュミレーションをし始めました。

馬鹿みたいに優しい暢なら、「あなたの子よ!!」と言えば、養育費を払ってくれるはず。

慰謝料300万円と離婚後の養育費の計算をし、養育費の方が高いと判断した暢に、たたみかけるように養育費はいらないと告げる。

その代わり、慰謝料を無しにして欲しいと泣いて訴えれば、養育費を払わずに済むから、暢はきっとOKしてくれるだろう。

あわよくば、このマンションももらえるかもしれない…。

『イケる…!』と判断した藍子ですが、実際には妊娠してないので慎重に進めていくことにし、手続きなどを終えた後に流れた設定にしようと考えました。

『私の勝ちだ』と口元が緩む藍子。

 

どっちの子?

そんな藍子に、「これは何?」と怒った口調で聞いてくる暢。

さすがの暢もこのタイミングで妊娠となると怒るか…と作戦失敗で落ち込む藍子でしたが、暢が怒ったのは、妊娠してるのにビールを飲んでいたことでした。

さらに、暢は足が冷えないように部屋着を持ってきたり、ヒールの高い靴を注意します。

暢の優しさに戸惑いながら、藍子は「どっちの子だよ?」って聞かないのかと尋ねました。

その言葉で、暢は藍子との営みがいつだったかと考え、少なくとも4ヶ月は前だったし、避妊も完璧だったから自分の子の可能性は限りなく低い。

でも、ゼロではないのか?と悩み、法的にはどうなるかと考えました。

以前、報道番組で見た『離婚後300日問題』と思い出し、仮に浮気相手の子供だとしても、離婚後300日以内に生まれた子は、遺伝子に関係なく前夫の子扱いになる。

それを良しとしない女性側が、あえて戸籍手続きなどをせず無戸籍の子供が生じる…。

暢は、悩んだ末に藍子のしたことは最低だけど、生まれてくる子供に罪はないし、自分の子の可能性があるなら、かわいそうな目に合わせたくないと伝えました。

優しすぎる暢の言葉に、藍子の目に涙が浮かびます。

「俺の子じゃないよね?」と言ってきた和正と包容力が全然違う。

藍子は自分は間違っていたんじゃないか?今からでも暢との再構築は間に合うか?

そんなことを考えていると、藍子のスマホが鳴りました。

『今から会えるか?』という和正からのメッセージを見た藍子は目がハートマークに。

大事な話をしてるときにスマホを見るのはどうかと思うと暢が注意した瞬間に、藍子は自分の体の事だから私には分かると、時期的に暢の子供だと言いました。

そして、先ほどのシュミレーション通り、養育費はいらないから慰謝料の請求を取り下げてくれないかと頼み込むのでした。

心の中で、このままマンションをもらうことまで考える藍子。

そんな藍子に、即答は出来ないと暢は言い、実家を追い出されたのも子供のことなのかと心配しだす暢。

その方がマンションをもらいやすいかもと思い、藍子はそれで追い出されたフリをします。

暢は、まだ藍子と同じ家で寝起きできるメンタルではないから一緒には住めないと告げますが、妊婦を放り出すわけにはいかないからと、自分が家を出ることにしたのでした…。

 

>>『サレタガワのブルー』第57話ネタバレに続く

サレタガワのブルー第56話の考察・感想

暢は藍子にかなりなめられてますが仕方ないですね。

正直、暢の甘さには読者としてもうんざりですよね、甘過ぎ!!

なんで藍子の言うことを信じて、マンションから暢が出て行かないといけないのか、まったく意味が分かりません;

浮気される側にも原因があるって、この漫画でも言われていましたが、暢も本当に悪いんじゃないかと思っちゃうほどです。

次回以降の展開が気になる感じですね。

藍子が苦しむ姿は、まだまだかもしれませんが…。