漫画で人生にワクワクを!

サレタガワのブルー【第46話ネタバレ】第3の女“ともみ”の正体は…!?

マンガmeeで連載しているセモトちか先生の『サレタガワのブルー』第46話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

藍子たち家族は慰謝料の金額に驚愕してましたね!!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
47話全話まとめ45話
前回あらすじ

藍子とその両親に離婚についての話し合いに行った暢と弁護士の吹田。

藍子の父親は、浮気した藍子“も”悪いけど、浮気に走らせた暢も悪いと『した側』の完全擁護派家族でした。

しかも、暢が『別れたくない痛い旦那』扱いされる始末…。

吹田は、藍子に離婚の意志があるのかを確認して、さっさと帰りました。

音声も録音したし、勝利は確定し、あとは示談金の金額のみ。

藍子たち家族は、吹田に渡された書類に記載された300万円と言う金額に悲鳴を上げ、こちらも弁護士を雇うぞと意気込むのでした。

サレタガワのブルー 第46話ネタバレ

弁護士に相談しに行った藍子たち家族は、『絶対に敗訴』だと言われていました。

藍子の現在の状況だと、やり手の弁護士が頑張ったところで減額請求ができるくらい。しかも、300万円を200万円にするくらいが妥当なラインらしい。

・・・・・

帰りの車の中、「弁護士って使えない」「私は全然悪くない」と文句を言う藍子。

藍子たちは、弁護士の無料相談に5軒行きましたが、結局どの弁護士にも慰謝料の支払いから逃れられないと言われてしまったのです。

父親も藍子を助けたいけど、老後の蓄えが減るし、正直キツイ。

そう思っていると、母親が「新しい男に全部払ってもらいなさいよ!」と提案しました。

その意見に、その男の決意も知れて、一石二鳥だと父親も大賛成。

両親がその方向で話を進めていくので、藍子は無理だと伝えます。

しかし、困ってる藍子を守ってやれないような男じゃ許さない、払ってくれないなら再婚を認めないと父親に言われ、藍子は一応電話してみると言うのでした。

 

ともみ

実家にて、和正の写真を見ながら考える藍子。

和正はキャリア組なので、ボーナスもいいから貯金とかもいっぱいあるはずだけど、子供もいるし、通帳は嫁が握ってるかもしれない。

ひとまず、電話していいかメッセージを送りますが未読スルー。

何をしてるのかな…とため息をつく藍子でした。

・・・・・

その頃、和正は『ともみ』のアパートで、妻と子が出て行ったことを報告。

仕事から帰ったら手紙と離婚届、指輪が置いてあったこと、嫁は実家を頼れないはずだから、どこに行ったのか見当もつかないと話していました。

離婚するのが思ってたよりも早かったね、と嬉しそうなともみ。

和正は、どうなるかわからないけど子供が成人するまでは見ていたい…と伝えました。

私はどんなに長くかかっても平気だと言って、布団から顔を出したのは『高橋』!!

『ともみ』の正体は、藍子の後輩・高橋だったのです。

会社以外では『ともみ』と呼ぶこと、さらにトークアプリはしない、たまに電話するだけでいいと約束しているらしい。

心は繋がってるし、バレて関係を終わらせたくないと、高橋は言います。

高橋のことを『いい女』だと言って、抱こうとしたときに着信が…。

 

梢かと思って、慌ててスマホを確認しに行く和正。

電話の相手は梢ではなく、藍子でした。

高橋が奥さんか聞き、藍子からだと和正が言うので、高橋は藍子からの暴露を思い出しながら、なんで急に情報整理三課に行ったのかと、鋭い表情になる高橋。

なにかあったのかと聞きますが、和正は「…さあ?」と知らないフリです。

そんなことより、続きをしようと和正はウキウキ気分でベッドに入ってきます。

和正を見下ろしながら、『愛おしすぎて殺したい』と思う高橋。

藍子とは所詮遊びで、本命は私。

誰にも言わずに耐えて隠れて愛し合ってきた和正を絶対誰にも渡さない…!と思うのでした。

・・・・・

その頃、藍子は和正が電話に出ない事にイラついていました。

そして、ベッドの上で震え泣いてしまいます。

 

>>『サレタガワのブルー』第47話ネタバレに続く

サレタガワのブルー第46話の考察・感想

第3の女、ともみの正体は高橋でしたか!!

今までの登場人物の中だったら高橋以外は考えられませんでしたよね。

藍子もヤバイとhは思っていましたが、高橋もヤバそう!!

二人とも不倫してるくらいなのでヤバイのは分かっていましたが、藍子がメンヘラ?系だとしたら、高橋はなんでしょう?

下手したら本当に和正を殺すんじゃ!?という目つきでした。

色々なところで修羅場が起きそうな感じで、続きが気になりますね!