漫画で人生にワクワクを!

サレタガワのブルー【第2話ネタバレ】暢が温かい料理を作っていた頃、藍子は…

マンガmeeで連載しているセモトちか先生の『サレタガワのブルー』第2話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

スマホを見たか確認する怪しい妻…。

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
3話全話まとめ1話
前回あらすじ

最愛の妻・藍子のために朝食を作ったり、一緒に食事を取って仕事へ送り出す幸せのルーティーンで過ごしていた暢。

ある日、仕事に行った藍子がスマホを自宅に忘れました。

暢がそれに気づいた時、仕事中にも関わらず焦った様子で藍子が帰って来て、スマホの中を見たかと確認。見てないと暢が答えると、一人になった時にセーフ…と呟くのでした。

サレタガワのブルー 第2話ネタバレ

暢は友人で美容師をしているたみくんに髪を切ってもらっていました。

美容院に置いてあった雑誌では不倫の話題が載っていて、たみくんと話しをすると、お客さんの中でも不倫自慢する奥様がいるとたみくんが言うので、世も末だと驚く暢。

たみくんは、意外とみんなしてるからと藍子のことを心配します。

藍子は美人なうえに胸も大きいので、欲求不満だったら狙われまくるぞと言ってくるので、顏を赤くして抱いてるからと暢はツッコみます。

そのあと、色々あったけど結婚して幸せそうで良かったと言うたみくん。

暢は少し暗いような表情へとなりましたが、たみくんが撮ってくれた写真の写りがすごくよかったので、藍子さんにも見せたいから送ってと笑顔に。

世間のみんなも、うちら夫婦みたいに仲良しなら平和なのに…と暢は言うのでした。

 

藍子からのメッセージ

夜、自宅でテレビを見ていても不倫のニュースが流れ、呆れる暢。

我が家は今日も平和だし、所詮他人事だとテレビを消して、カボチャのシチューの出来栄えを見ていると、藍子から“今から会社でるね♡”とメッセージが。

それを見て、藍子が帰ってくるまでにシチューをパイで包んで焼くことを思いつきました。

時間的には間に合うはずとウキウキ気分で作り、ドヤ顔の暢。

しかし、藍子の帰りが思ったよりも遅く、1時間以上経っても帰って来ません。

料理は冷めてしまい、それから3時間経った頃に仕事のトラブルで遅くなるから晩ご飯いらないと連絡が入り、ショックを受ける暢。

仕事だししょうがないと思い、頑張ってと返事を返しました。

このときの暢はまだカケラも気づいていませんでした。

パイが冷めていった時間、藍子が他の男に抱かれていたことに…。

 

浮気相手の男が、本当にスマホを見られてないのかと藍子に確認をします。

その問いに、藍子はうちの旦那は私にベタ惚れでそんなことしないから大丈夫と言っていると、男性が藍子の身体を触り始めました。

暢とのカラダについて聞かれ、旦那は優しすぎて物足りないと藍子は言うのでした。

 

>>『サレタガワのブルー』第3話ネタバレに続く

サレタガワのブルー第2話の考察・感想

シチューがどんどん冷めていくのを見て、暢が本当に可哀想でしたね。

それにしても浮気相手の男性って、ちょっとヤンチャなおじさん…って感じで、全然暢の方がかっこいいし、優しいのになんで浮気したのか。

言葉責めっぽいことしてるのとか、本当に気持ち悪いなって感じです。

あと、たみくんと話していたときに、色々あったけど…と言われたときに暢の表情が暗くなったのが気になります。なんか過去にあったことは間違いなさそう。

今回は、伏線やら浮気相手が出てきたりと盛りだくさんの内容でした。あと、ベッキーのゲス不倫がニュースで流れたのは笑ったw