漫画で人生にワクワクを!

恋愛不感症【第61話・62話ネタバレ】朱里の元カレが登場します!

めちゃコミックで連載してるアキラ先生の『恋愛不感症』第61話・62話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

北島と全然違うタイプの元カレ‥。

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
63話・64話全話まとめ59話・60話
前回あらすじ

突然、朱里を避けるようになった浅倉。

家の中でも目を合わせず、よそよそしい態度です。

朱里は先日、英之を預かったことで自然と将来の家庭の話をしました。

そのことが原因で、重い女だと思われたのだと悲しくなります。

しかし実際は、朱里の前だとカッコ悪いところばかり見せてしまう自分が情けなくなっていただけなのでした。

恥ずかしがりながらも本音を話してくれた浅倉を、朱里はもっと愛おしく感じます。

最新話をいち早く読めるのはここだけ!!

以下、『恋愛不感症』第61話・62話のネタバレが含まれています。

恋愛不感症 第61話ネタバレ

休日に家具屋を訪れた2人。

朱里にベッドを買おうと、浅倉が半ば無理やり連れ出しました。

店員さんが浅倉の名前を呼び挨拶をします。どうやら常連のようです。

売ってあるのはどれも高価そうな家具ばかり。

朱里は、場違いなところにいる‥といたたまれなくなりますが、周りから見たら注目を浴びるような美男美女のカップルです。

しかし実際は、金額を見ると引いてしまうほど高いベッドに朱里はビビっています。

絶対に買えないから無理だと焦って浅倉に話すと、当然のように買ってやる、と答えます。

同じ職場のはずなのに、なぜこんなに差があるのか?

朱里は疑問に思い聞きました。

浅倉は、会社の給料だけでは無いと言います。

ベッドを選びながらも、昔から早く家を出るために割のいい仕事でお金を貯めていたと話しました。

どうして早く家を出たかったのか朱里が聞くと、浅倉は一瞬固まります。

聞いてはいけなかった、とすぐに朱里は思いますが、今までの女性と違った質問だったので驚いただけようです。

この話をすると、いくら貯めているのかなどと先に聞いてくる女性ばかりでした。

お金のことより、その時の気持ちを聞いてくる朱里を愛しく思います。

浅倉の実家は、教育に厳しい両親でした。

反抗してわざと成績を下げていたと言う浅倉。

これまでの学歴も今の会社も、快く思われていないと言います。

朱里からしたら十分な経歴なので、驚きます。

厳しいということ以外にも、夫婦で仲良くしている姿も見たことがないそう。

形だけの夫婦だと、浅倉は他人事のように語ります。

もしかして、その環境がこれまでの恋愛をこじらせた原因なのでは、と朱里が言いました。

確かに愛し合っている夫婦が想像つかなくなってしまったけれど、両親のせいにするつもりは無い、と浅倉は答えます。

もっと浅倉のことを知りたいと朱里は寄り添いました。

そして肝心のベッド選びに戻ります。

相変わらず金額が高すぎて選べずにいる朱里。

2人が少し離れてベッドを選んでいると、朱里が男性にぶつかってしまいます。

謝ろうと顔を見ると、なんと朱里の元カレでした。

橋田というその男は、ロン毛で見た感じチャラそうです。

久しぶりの再会で話していると、気づいた浅倉が戻ってきました。

スポンサーリンク

恋愛不感症 第62話ネタバレ

いつもは朱里のことを『星名』と苗字で呼ぶ浅倉。

ですがこの時は、『朱里』と声をかけました。

一瞬誰に名前を呼ばれたのか分からなかった朱里。

振り向くと、明らかに不機嫌な浅倉が立っています。

橋田のことを、以前付き合っていた男性だと紹介しました。

浅倉のことは、一応上司なのでなんと紹介して良いのか戸惑っていると、しっかりと肩を抱き寄せる浅倉。

橋田が、彼氏さん?と聞くと、朱里が答える前に浅倉がキッパリと『そうだ』と答えます。

浅倉の態度に少し気まずい空気が流れ、橋田は帰ろうとします。

しかし去り際に、またすぐに会えると思う、と意味深な言葉を残していきました。

2人になると、軽そうな男だと浅倉は言います。

朱里が、意外と真面目な人だと言うと面白く無い様子。

すぐに彼氏と紹介しなかったことにもイラついているようです。

ベッドはすでに浅倉が購入し、エレベーターに乗りました。

ドアが閉まる瞬間、強く抱き寄せキスをしてきた浅倉。

『お仕置き』と言いながら、舌を絡め服までまくり、朱里の下着が見えています。

エレベーターの中にこそ誰もいないものの、いつ人が乗ってくるか分かりません。

朱里は抵抗しますが、浅倉の怒りは鎮まりませんでした。

エレベーターが止まりドアが開くと、たくさんの人が待っています。

浅倉は何事も無かったように降ります。

まだ顔が真っ赤で焦っている朱里。

最近忘れてかけていたけれど、超独占欲が強い男だと思い知らされました。

・・・・・

後日、仕事中も機嫌が悪そうな浅倉。

恋愛スキルが低い朱里は、どうすれば良いのか分かりません。

その時、営業課で慰安旅行の話が出ていました。

行き先はなんと、箱根の『橋田屋』。

朱里の元カレ、橋田の実家です。

家具屋での去り際、また会えると言ったのはこういう事だったのか、とやっと理解します。

朱里はものすごく嫌な予感がしました。

 

>>『恋愛不感症』第63話・64話ネタバレに続く

恋愛不感症 第61話・62話の考察・感想

最近浅倉は妙によそよそしく様子が変だったうえに、朱里も堀部の告白をきっぱり断ったし、確かに忘れていました!

浅倉が超独占欲が強い男だということを‥(笑)

朱里の職場を知っている橋田に、上司と付き合っていると言いづらかっただけの朱里。

それだけなのに、あんなに怒るなんて‥。

今時エレベーターなんて監視カメラも作動しているというのに、自分が抑えきれなかったのでしょう。

朱里も大変ですね。

さらに営業課としての慰安旅行ということは、もちろん課長の浅倉も一緒に行きます。

元カレの実家に一緒に行くなんて、とんでもなく面白く無いでしょう(笑)

せっかく誤解が解けて良い感じだったのに、本当に波乱が絶えない2人。

朱里は橋田のことを、真面目な人だと言っていました。

橋田も、朱里と再会した時嬉しそうで、あまり気まずくもなさそうでしたよね。

なぜ別れてしまったのか、朱里の不感症が原因なのか?

朱里の元カレといえば北島ですが、北島ともまた違うタイプのようです。

というか、北島も営業課‥。

元カレも元カレの旅館に行くことになるとは!

次回の慰安旅行は、いろんなところで波乱が起きそうです!

>>『恋愛不感症』ネタバレ一覧【最新話まで全話更新中】

恋愛不感症など漫画をお得・無料で読む方法!

以上、『恋愛不感症』第61話・62話のネタバレになります。

ネタバレを読んでみて、実際に漫画を読みたくなった方は、ぜひコミックスなどを購入して読んでくださいね。

文字だけだと大まかなストーリーは分かるけど、細かいやり取りや漫画を読んだ時に感じる感動、ワクワクなどを楽しめなくて面白さが半減しちゃいます;

電子書籍サービスを利用すれば、紙で漫画を読むより安く購入できますよ。

無料会員になれば、会員限定の無料漫画や初回半額クーポン、週末クーポンなどでお得に漫画を読めます。クーポンやセールを駆使すれば、さらに安く読むことも可能ですよ!

初回半額クーポンでお得に漫画が読める!

登録無料、漫画購入以外に料金は発生しません

『恋愛不感症』を無料で読むには?

『恋愛不感症』を集めるならebookjapanが一番おすすめです。

しかし、『恋愛不感症』最新刊だけ読めればいい、最新話を無料で読みたいなら、以下のようなサービスもあります。

サービス一覧
U-NEXTFODmusic.jp
ポイント特典
600円分900円分1,600円分
無料期間
31日間2週間30日間
無料期間中に解約すれば、ポイント分の漫画が無料!
公式サイト公式サイト公式サイト

これらのサービスの無料トライアル期間中にもらえるポイントを利用すれば、最新刊や雑誌の最新号を無料で読むことができます!

U-NEXTは、アニメや映画、ドラマなど見放題本数180,000本以上もあるので、無料期間だけでも試してみてください。