漫画で人生にワクワクを!

恋愛不感症【第7話・8話ネタバレ】ついに浅倉課長による訓練が始まります!

めちゃコミックで連載してるアキラ先生の『恋愛不感症』第7話・8話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

いろんな顔を見せる浅倉にドキドキ‥!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
9話・10話全話まとめ5話・6話
前回あらすじ

仕事中も浅倉とのキスが忘れられず、ポーッとしてしまう朱里。

過去、男性とキスをしてこんな体験をしたことが無かった朱里にとっては一大事です。

不感症だということで浅倉に弄ばれているような気がして不快でしたが、自分自身を変えたいと強く思います。

そして自分から、浅倉にもう一度キスして欲しいとお願いし、今後も不感症の『訓練』をしてもらうことになりました。

恋愛不感症 第7話ネタバレ

仰向けに寝る朱里の上に覆いかぶさる浅倉。

朱里のシャツの中に手を入れ、胸を触ります。

さっそく訓練を始めよう、と言いながらエスカレートする行為‥。

と、ここで朱里は自分の叫び声で目を覚ましました。

そう、浅倉とのいやらしい夢を見てしまったのです。

その時、叫び声が聞こえ心配した浅倉が部屋の中に飛び込んできました。

シャワーを浴びていたようで、タオル1枚のセクシー姿。

さらにタオルがはらりと落ちてしまい、大事な部分まで見えてしまいます。

夢の後に本当に全裸を見てしまった朱里はパニック。

朝から2人は大騒ぎです。

お互い謝り、一旦落ち着きますが、朱里は昨夜の自分の発言を改めて思い出します。

『訓練』をするということは、あの夢が現実になる‥と想像しただけで恥ずかしくなりました。

・・・・・

出勤すると、男性陣にお茶を出す朱里。

他の女性社員は不機嫌だったり二日酔いでボロボロでした。

笑顔でお茶を出す朱里に、課の男性たちは癒され士気も上がったようです。

それを見て、浅倉は微笑んでいました。

・・・・・

仕事帰り、朱里は商店街のタイムセールで野菜の争奪戦に参加しています。

目を輝かせ、夢中で買い物する朱里。

その姿をたまたま浅倉が目撃しており、一緒に帰宅しました。

そんなに渡したお金が足りなかったのかと心配した浅倉でしたが、そのお金はまだまだ残っています。

逆になぜこんなに余っているのか不思議に思う浅倉。

実は朱里は、食材だけでなく自分の服も激安で済ませていたのです。

シャツやスカートも千円以下のものを着ていました。

ブランド志向の浅倉にとっては信じがたい事実。

そして、それにも関わらず朱里が金欠なのはなぜか尋ねました。

朱里は少し気まずそうにしながらも、兄弟が多く両親も高齢で弟への学費と仕送りを自分がしている事など、家庭の事情を話します。

朱里が苦労しているように見えなかった浅倉は驚きます。

浅倉は、本当にいい女は着飾る必要もない、と服が安物に見えなかった朱里を褒めました。

社内での朱里の笑顔は、訪問者にも働く人たちにも必要で重要だと言ってくれます。

自分の誤解される見た目がコンプレックスだった朱里は、涙が出るほど嬉しくなりました。

恋愛不感症 第8話ネタバレ

泣いている朱里の頭を笑いながら撫でる浅倉。

一瞬、キスをされる?!と思いましたが、何事もなく、さらにそのまま数日が過ぎました。

てっきりすぐに『訓練』と手を出されることを覚悟していた朱里は拍子抜けします。

無防備な姿でソファに寝ている浅倉。

紳士かと思ったら変な発言をしたり、やっぱり手軽に手を出してこなかったり‥浅倉は掴み所がありませんでした。

毛布をかけてあげながら、朱里は寝顔をじっと見つめます。

寝顔を見ながら、身構えていたのがバカみたい、と考えていました。

・・・・・

ある夜、余った材料を使いお菓子作りをする朱里。

頬に生クリームがついているのを見つけると、突然浅倉は朱里の顔を舐めました。

驚く朱里。

そしてそのままキッチンカウンターの上に朱里を乗せ、急に『訓練』を始め出したのです。

今までそんな素振りが無かった浅倉。

突然のことに朱里が驚いていると、浅倉は朱里が身構えているから手を出せなかったと言いました。

朱里はすっかり油断していました。

そんな事を話しているうちに、浅倉は慣れた手つきでもう服を脱がしています。

急に真剣な目になる浅倉。

いつもと違う雰囲気に、朱里はドキドキしてしまいます。

胸を触られたり、下着の中まで手を入れられると、初めての感覚に襲われる朱里。

顔は真っ赤で息が上がり、目をつぶります。

そして突然動きを止めた浅倉。

朱里の体を触り、何かに気づき驚いています。

 

>>『恋愛不感症』第9話・10話ネタバレに続く

恋愛不感症 第7話・8話の考察・感想

『訓練』ドキドキしますねー!(笑)

美人でスタイルが良くても、自分の見た目がコンプレックスだった朱里。

しかしその見た目と笑顔が、会社には必要だと言われたのはとっても嬉しかったようです。

もちろんそれは見た目だけでは無く、朱里の内面からくるものだと思います!

実際働く女性って大変ですよね‥。

もちろん男性も大変ですが、疲れているのにきっちりと身だしなみを整えるのも一苦労。

疲れた顔をしている同じ課の女性達の気持ちも分かります。

そんな中、いつも笑顔で、例え高価な服で無くともキチンとしている朱里は、素晴らしいです!

もともと美人なのが、内面の美しさも加えさらに周りを魅了してしまうのでしょう。

それが同性からは反感買っているようですが‥。

そういう部分を、課長である浅倉がちゃんと見ていてくれるのは嬉しい!

一緒に暮らし始めて、2人のペースも合ってきたのかなと思いました。

仕事でもプライベートでも良いパートナーになれるのではと考えてしまいます。

それにしても、『何もしない』というのも浅倉の手の内だったとは、何枚もうわてです。

そんな浅倉が、朱里の体を触って何かに気づいたようですが何なのでしょう?!

不感症であることと関係はあるのでしょうか?

次回、朱里のさらなる秘密が明かされるのか楽しみです!