漫画で人生にワクワクを!

王様ランキング【第61話・62話ネタバレ】母ヒリングと、闇の中のダイダ

マンガハックで連載してる十日草輔先生の『王様ランキング』第61話・62話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

ボッス、やっぱりいい奴なんじゃないか説浮上…!王様ランキング、自分が思ってるよりすごい漫画なんじゃ…?

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
63話・64話全話まとめ59話・60話
前回あらすじ

ドルーシの死闘はドルーシの勝利で終わります。

それを知ったミランジョは冥府へと再度行き、魔物を連れてくると言うのでした。

そして、死闘の末、死にかけだったドルーシを回復させたヒリングは、ある決意を語り…!

王様ランキング 第61話ネタバレ

従者と共に、冥府の門へ訪れたミランジョ。

そして、魔物を配下にするため、その門をくぐったのでした…!

・・・・

一方その頃ヒリングは、王の間へと突き進んでいました。

正面突破しようとするヒリングを、何とか諌めようとするドルーシ。

しかし、ヒリングは、全てを問い質すと、ボッスの前まで来たのでした!

 

ヒリング対ボッス

ダイダの姿をしたボッスと対峙したヒリングは、ダイダが生まれた時のことを思い出す。

そして、激高しそうになるのを堪え、ボッスに冷静に目的を聞き始めたのです。

その目的は「すごく些細なこと」と言うボッス。

それを聞いたヒリングは、「ダイダを乗っ取ってまですることとは何か?」そう問います。

改めて自身の体、ダイダの体を見て、「確かにそうだ」と冷静に呟くボッスに、遂にヒリングは冷静ではいられなくなり…!

「ダイダを返しなさいっ、今すぐに!」

そう叫んだのでした。

父親として恥ずかしくないのかと問われたボッスは、と拳を握り…。

 

暗闇の中のダイダ

暗闇の中で一人座っていた本物のダイダ。

その中でヒリングの声に気づきます!

声の元へと走るダイダでしたが、壁の様なものが邪魔をし、超えることが出来ません。

ダイダは「母上っ」泣きながら叫んだのでした…!

王様ランキング 第62話ネタバレ

ヒリングは何かに気づきます。

叫び続ける暗闇の中のダイダ。

遂に、ヒリングはその何かがダイダの声であると気付いたのでした。

声を頼りにダイダを探し回るヒリング。

そして、その声がボッスの体、つまりダイダの体からしていることに気づいたのです!

ボッスの胸を叩きながら、ダイダの名を呼ぶヒリング。

遂に二人は会話することが出来たのでした!

 

ダイダの体

ボッスの体の中のダイダの状況を確認したヒリングは、ドルーシに助力を求めます。

しかし、何も聞こえないドルーシは、それに躊躇するのでした。

すると、業を煮やしたヒリングは短剣を取り出します!

それを振りかぶったヒリング!

その瞬間、ドルーシがヒリングを取り押さえたのでした。

剣を向けたボッスの体は、同時にダイダの体であることを諭すドルーシ。

そのことに、やりきれなくなったヒリングは、遂に泣き出してしまい…!

そして、その瞬間、「ドルーシ!」とソリーが叫んだのです!

 

>>『王様ランキング』第63話・64話ネタバレに続く

王様ランキング第61話・62話の考察・感想

今回は、ヒリングの母としての一面が強く描かれた回でしたね。

ボッジに対してもちゃんと母として愛情を注いでくれますが、やはりダイダは実の息子。

想いもまた違うのでしょう。

一方、ボッスの言う些細なことってなんなんでしょうね?

ボッスはボッスで目的があるってことがあることはわかりましたが…。

やっぱりミランジョ絡みのことなんでしょうか。

王様なので、別にいいはいいのですが、ボッスちょいちょい女癖悪いんでしょうか…?(笑)

ボッジの母、ヒリング、そしてミランジョ…(笑)

そんな中、ダイダとヒリングだけは会話ができる様ですね。

でも、もしかしたら、ボッスもダイダの声は聞こえているのかも知れませんね。

とりあえずは次回!

ドルーシに取り押さえられたヒリングが、どうなってしまうのか、気になりますね!