漫画で人生にワクワクを!

王様ランキング【第113話・114話ネタバレ】ギャクザに裏切られたホウマ

マンガハックで連載してる十日草輔先生の『王様ランキング』第113話・114話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

ミランジョの過去が明らかになりそうですね…!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
115話・116話全話まとめ111話・112話
前回あらすじ

ボッスはベビンに、そしてダイダに自身がミランジョとの思い出話を始めます。

それは、ボッスが若い頃、武者修行の中で訪れたホウマ国。

そこで出会ったのがミランジョでした。

ホウマ国は、ベビンが伝え聞いていたものとだいぶ違う様子で…?

王様ランキング 第113話ネタバレ

最も貧しい国だったギャグザ国。

自ら戦わず、ウソをつき、自己保身をして生き延びてきた彼らは、常にだれかを欺くことが生き残るすべでした。

親は子に憎しみを教え、自分達を肯定していたこの国を、ホウマ国は莫大な資金を投じ、改革に取り組んだのです。

豊かになったギャクザでしたが、彼らはホウマ国に感謝などみじんも感じておらず…。

むしろ、神々の国に近い自分たちの方がホウマ国よりも優れていると盲信していたのです。

腕力の強い者だけに媚びへつらい従ったギャクザの国の人々。

一方、優しいミランジョの母はだまされ利用され続けたのです。

そして、戦場でも決してギャクザは役には立ちませんでした。

優位な時だけ、非道の限りを尽くし、ホウマが恨みを買い、不利と見ると逃げ出すギャクザにホウマは疲弊していき…。

 

そしてある日…。

ミランジョの母の家を訪ねてきたギャクザの人々。

それは『金目当て』の強盗でした。

家に押し入るなり、ミランジョの母の腹部をナイフで刺します…!

ミランジョに逃げる様に叫ぶ母。

そして、その夜、神々の勢力が優勢と見たギャクザは、その夜、内通し、神の軍をギャクザに招き入れたのです…!

「私たちはホウマに全てを奪われました」

そうギャクザから訴えられた神は、ギャクザの国を見渡し何かを考え…?

王様ランキング 第114話ネタバレ

「一見豊かに見えるけど」

神はそうギャクザの人々に言い、「どうなの」と怖い顔を見せます。

しかし、その顔も一瞬。

「我らが来たからにはもう大丈夫だよ」とギャクザの人々を安心させたのでした。

そして、国に戻ろうとする神。

ギャクザを奴隷にすると、「今後寝返る奴がいなくなる」とそのまま放置したのです。

また、逃げたホウマ人も放っておくと言う神。

新たに人間を支配する方法を見つける時期に来てると言うのでした。

「太古の力はどんどん失われてるし、もう我々の時代じゃない」

 

幼いミランジョの末路

慌てて駆け付けたボッスは、変わり果てたミランジョを目にします。

顔を剥がれ、縄で繋がれたミランジョが、餓死するのをギャクザの人々は楽しんで見ていたのです…!

それに激怒したボッスは、ギャクザの人々を皆殺しにしたのでした…!

ミランジョを連れて森の魔法使いの元へと訪れたボッスは、ギャクザの死体を使って、ミランジョを治して欲しいと頼み…!

 

>>『王様ランキング』第115話・116話ネタバレに続く

王様ランキング第113話・114話の考察・感想

この辺の話が、だいぶ前の、ダイダが闇の牢獄で会ったミランジョの話に繋がったわけですね。

あのミランジョを責める人々がギャクザの人々だったと。

ミランジョの言っていた否定が正しく、責めていた人々は完全にウソであったということでしょう。

あれだけ見ると、ミランジョの強大な魔力が暴走して町を壊滅させたとかあったのかと思ったのですが、全く非がないんですね。

こうなると、なんていうかミランジョには同情がすごいというか…。

とはいえ、まだこの話と、今のミランジョにはちょっと結びつかない所もある感じ。

この結果、ミランジョが世界恨み云々って形ならわかりますが、やっている事は、あくまで『ボッスとの生活を取り戻す』ってことですもんね。

まだまだ続きがありそうです。

次回が楽しみですね!