漫画で人生にワクワクを!

王様ランキング【第111話・112話ネタバレ】ホウマの国のミランジョ

マンガハックで連載してる十日草輔先生の『王様ランキング』第111話・112話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

本当にオウケンは相性の悪い相手ですね…!これはボッジ逃げるしか…?

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
113話・114話全話まとめ109話・110話
前回あらすじ

遂に剣を交えることになったボッジとオウケン。

戦況はボッジ圧倒的優勢に進みますが、ボッジが身につけた、相手を無力化する一撃が全く効きません。

徐々に疲弊していくボッジ。

そんなボッジを見てミランジョは「逃げた方がいい」と言い出しますが…!

王様ランキング 第111話ネタバレ

一度は殺すと決めたボッジ。

しかし別の方法がないか、考え直すのでした。

そんなボッジに、ミランジョから聞いた「不死身である」ということを伝えるカゲ。

ボッジは一旦高いところに逃げ出します。

ボッジを終えないと判断したオウケンは、今度は矛先を捕縛されているゾックに向け…!

それに気づいたボッジは、ゾックとオウケンの間に割って入ったのでした。

慌てて、ミランジョにオウケンを倒す方法を聞くカゲ。

そして、なんでオウケンが不死身だということミランジョが知っているのかと気になり…!

 

ベビンとボッス

「鏡とは何者ですか?」

 

ベビンは牢の中のボッスに聞きます。

そしてボッスの真意を…。

「聞いてどうする」と答えるボッスに、ベビンはダイダを取り戻したいことを伝えます。

その真剣な眼差しに、ボッスは遂に口を開いたのです。

たくさんの人の闇を見てきたというボッス。

だから人を見抜こうと努力してきたのでした。

そのボッスの頭によぎるのは、ボッス王国の人々。

 

「心の優しい者たちばかりだなあ」

 

そして、鏡の名『ミランジョ』をベビンに伝えると…。

 

「私が誰よりも大切に思う人だ」

 

そう言ったのでした。

 

王様ランキング 第112話ネタバレ

ミランジョのことを、「私の子であり、母であり、そして師のような存在」だと説明するボッス。

その思い出話は、闇の牢獄のダイダの前にも、映像となって現れます。

若い頃、武者修行に出ていたボッスは、魔法との戦い方を身に付けるために『魔法立国ホウマ』を訪れたという話をし始め…!

 

ボッスの思い出話

神だけが使えた魔法。

それを、人間が使えるようにし、神々の勢力に初めてあらがった人間たちがホウマの国の人々でした。

神々が人間の国を支配し奴隷にしていたその時代。

ホンマの人々はいち早く、世界の現状を知り、立ち上がったのです。

しかし、ベビンが聞いていたホウマの国の噂は「魔法を利用して悪逆非道の限りを尽くした」という噂。

その国でボッスが出会ったのがミランジョでした。

 

ホウマの国

ミランジョの父を殺してしまったボッス。

その戦いで深手を負ったボッスを治してくれたのがミランジョの母でした。

優しい人だらけのホウマの国の人々の中でも、心配になるほどお人よしだったミランジョの母。

ボッスはホウマの国に留まり、ミランジョの成長を見守ることにしたのです。

次第に激しくなっていく神々との戦いの中、ボッスも協力して戦い、連戦連勝。

しかし、一度でも負ければ総崩れになる様な中、同じ人間の隣国、ギャクザと協力することにしたのでした。

人はわかりあえると考えてたホウマの国の人々でしたが、ギャクザはホウマとは真逆で…!

それをミランジョの母は最期まで気付けなかったのです…!

 

>>『王様ランキング』第113話・114話ネタバレに続く

王様ランキング第111話・112話の考察・感想

今回は導入部分こそ、ボッジのお話でしたが、ほとんどがミランジョについての話でしたね。

ボッスの口から語られる、ミランジョとの出会いの話。

恐らく「女性として大事」というより、「人として大事」なのでしょう。

それはきっと、ボッジよりダイダより大事だからこその、現在の行動なのでしょうね。

そして、今回出てきたのが『ホウマの国』。

この国の話は、かつて闇の牢獄でダイダが出会った、ミランジョとミランジョを虐待する人々の話にも関わってきそうですね。

しかも、ベビンが聞いていた『ホウマの国』と、ボッスが話す『ホウマの国』にはかなり違いが…。

そこで出てきた『ギャクザの国』。

ホウマは魔法のアナグラムでしょうが、ギャクザは何のアナグラムでしょうか?

ギャクの国?

その辺がわかれば、もっとヒントになりそうですけどね。

どちらにせよ、ここからは、王様ランキングが持つ色んな顔の一つ、残酷な話になってきそうです。

次回、どんな展開になるのか、気になりますね!