漫画で人生にワクワクを!

王様ランキング【第5話・6話ネタバレ】ボッジの思わぬ才能開花!

マンガハックで連載してる十日草輔先生の『王様ランキング』第5話・6話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

ボッジに秘密がありそうな引きだった前回の終わり。今回それが明らかにされるのでしょうか?

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
7話・8話全話まとめ3話・4話
前回あらすじ

父である王に自身の亡き後の心配をされたボッジ。

そんなボッジの剣術指南役であるドーマスはもはや、ボッジの剣術は諦めていたのでした。

そんな中、剣の才能にあふれる弟・ダイダがやってきて…?

王様ランキング 第5話ネタバレ

かつて、ヘビに囲まれたボッジ。

そんな中、なんとボッジは無傷で切り抜けていたのでした。

それを見ていた兵士は、その信じられない出来事が、この試合でハッキリするかも知れないと思ったのです。

ドーマスの掛け声で始まるボッジとダイダの試合。

ダイダは、ドーマスをも惚れこませたその勇猛果敢な剣でボッジに攻め込みます。

しかし、その剣は空を切るばかり。

そしてその攻撃の隙を見て、ボッジは『ポクッ』とその木刀をダイダの頭に当てたのでした。

ダイダはさらにボッジへ猛攻を仕掛けますが、一切その木刀は当たりません。

既にダイダの剣をボッジは見切っていたのです。

読唇術が出来る程に目と読みの良さを持つボッジは、見切りの才能があったのでした!

 

応援されないボッジの剣

負けそうなダイダ。

しかし、ダイダに剣を教えているベビンは余裕だったのでした。

それは、ボッジの戦い方から来るもの。

真剣であれば、逃げ回って隙を見て切り刻むボッジの剣は、兵達から見ればあざけりバカにしてる様に見えたのです。

 

王様ランキング 第6話ネタバレ

ボッジの剣の見栄えに気づいたドーマスは、ボッジに手話で指示を出します。

指示を受けたボッジは、ダイダの剣を木刀で受け始めます。

しかし、非力なボッジは、その剣を捌ききれません。

ダイダの強烈な一撃が頭に直撃。

そこからは一方的でした。

ダイダに木刀で殴られ続けるボッジ。

もはや勝負は決してる様に見えますが、ドーマスはその試合を止めません。

兵達もそれを疑問に思う中、なんとボッジは立ち上がろうとしたのです!

そんなボッジにさらなる一撃を加えようとするダイダ。

その様子にいたたまれなくなったカゲは、止めに入ろうしたのでした!

しかし、カゲよりも早く槍を投げ込んだ者が一人。

それはアピスと呼ばれる男でした。

その槍をキッカケに、ドーマスは試合の終了を宣言。

ダイダが勝利がします。

無言で試合を止めなかったドーマスを責めるアビス

しかし、そんなアピスにドーマスは「考えがあった」と言うのでした。

 

試合を終えた二人

試合を終えたダイダは、ベビンにドーマスの手話の内容を問います。

それは「しっかり打ち合いなさい」というもの。

それを聞いたダイダは、汚い戦い方とあざけり、また再起不能にしてやったと喜ぶ。

しかし、ケガについてはベビンもドーマスも気づいている何かがあったようで…?

一方でボッジは、医務室でミイラ男状態になっていたのでした。

そんなボッジに寄り添いながら、ボッジの剣について考えるドーマス。

ボッジの剣では避けることは出来ても、敵を倒すことは出来ないと考えていたのでした。

ドーマスを見ながら『経験上信用できない奴だ』と思うカゲ。

すると、そこにヒリング王妃が入って来たのでした。

 

>>『王様ランキング』第7話・8話ネタバレに続く

王様ランキング第5話・6話の考察・感想

なるほど…!

バトルものとして展開していくとして、ボッジは避けの天才として描かれるわけですね!

ただ、ドーマスの考える様に、非力なボッジの剣では一切相手を倒せないのも事実。

こういう非力なものの戦い方としては、毒針とかが考えられますが、「王の剣」である以上、そんな戦い方は出来ませんよね。

一方で、ダイダですよ…。

剣に関しては真摯らしいのですが、性格的にわりと酷い描かれ方してますね。

ボッジを一方的にいたぶる剣。

むしろあれをドーマスは兵達に見せて、「残酷な王」だと思わせたかったのでしょうか?

でも、ドーマス、ダイダの剣に惚れこんでましたし、わからないところ。

カゲも「信用出来ない奴」って評してますしね。

ダイダ以上に、ドーマスが今後どう転がるのかわからないキャラです。

そして、最後ボッジの様子を見に訪れたのは、ヒステリックに『死刑』と喚き散らすダイダの母・ヒリング王妃!

これはひと波乱あるのでしょうか…?

次回が楽しみですね!