漫画で人生にワクワクを!

ホームルーム【第2巻ネタバレ】幸子イジメの”新”犯人はまさかの…?!

コミックDAYSで連載してる千代先生の『ホームルーム』第2巻(9~19話)を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

そらくん

愛田に覚えがない事件…。本当にいじめがあった??

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
3巻全話まとめ1巻
前回あらすじ

イケメン新米教師・愛田には秘密がある。彼はひっつめ髪に黒ぶちメガネの一見ぱっとしない女子生徒、桜井幸子のストーカーだった。幸子はよくイジメられていたが、実は犯人は愛田自身。彼女のヒーローで居るために、日夜事件を作り、幸子からのSOSに駆け付けるのだった!!

登録無料!!初回半額クーポン&ポイント還元

購入&使用でポイント還元最大50%!!

文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『ホームルーム』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『ホームルーム』第2巻のネタバレが含まれています。

『ホームルーム』第2巻ネタバレ

第9話「ヤン沢」ネタバレ

繁華街を中心に夜回り巡回の当番の愛田と椎名。

椎名は愛田と夜に一緒に歩けることを、あからさまに喜んでいた。

一方、彼は椎名という“加工品”女と一緒に歩く行為に気乗りしない。

愛田が一緒にいたいのは“天然素材”の桜井幸子だけなのだから。

 

彼は昼に、幸子が椅子にボンドでくっつけられるというイジメを目にした。

一度目の犯人は自分。

しかし二度目には心あたりがない。

教室で犯人捜しをしてみても、名乗りをあげる者はおらず、代わりに幸子イジメをおもしろがるように、ヤン沢こと矢沢が「犯人最高!もっとやれ!」と言い出す始末だった。

その言葉に思わず愛田は、彼の頬をバチンと平手で打ちつけた。

あわや乱闘になりそうな場面だったが、ほかの生徒が二人を止めて大ごとにはならなかった。

が、心の中では互いに互いを許してはいなかった。

そんな時、繁華街で遊んでいたヤン沢の目に、巡回中の愛田の姿が飛び込んできた……。

第10話「ロックオン」ネタバレ

愛田と椎名は巡回を続けていたが、ラブホテル街までルートに入っていると言って、椎名は当たり前のようにその一角に入っていく。

今日はもう終わりにしようと愛田が口にした途端、椎名は足が痛いと言い出した。

それを口実にホテルに愛田を誘った彼女が振り向くと、そこに彼の姿はなかった…。

 

愛田は下校する桜井に軽トラから手を振るために、急いでその場を後にしたのだ。

実際彼の笑顔のおかげで、今日も幸子は幸せな気分に浸る…。

軽トラの中では、先に帰ってるからなと愛田が幸子の部屋に不法侵入する予定を、当然のことのように口にした。

その彼の後を、ヤン沢たちが尾行しているとも知らず……。

第11話「メッセージ」ネタバレ

一人暮らしの幸子だが、心強い友人と教師のおかげで気分は落ち込んではいない。

帰宅した彼女の自宅アパートの集合ポストに、一通の手紙が入っているのに彼女は気づく。

差出人の名は「サラ」。

しかし、あて名は書かれていない。

“伝えたいことがあるから金曜日の放課後にとある場所に来てほしい”とあるだけだ。

実はその手紙は、彼女の部屋を愛田の部屋と勘違いしたヤン沢からの手紙だった。

 

校内のトイレにも関わらず、ヤン沢はサラと一つに繋がりながら、愛田を登場を愉しみにしていた。

『オメーの人気も今日までだ・・』そう愛田への憎しみを抱きながら、腰を動かし続けるヤン沢だった。

第12話「フライデー」ネタバレ

約束の金曜日の放課後。

ヤン沢はサラに愛田に対して、キスして胸を触らせろ、と求める。

その様を写真に撮ることで愛田の弱みを握ろうというのだ。

だが愛田は、これから最後の夜回り巡回に出かけようとしていた。

その彼は、一人寂し気に帰宅しようとする丸山に気づく。

話を聞くと、なぜか幸子は用事があるから、と彼女を一人で帰したというのだ。

 

その頃、ヤン沢たちの指定した場所には幸子が現れた。

ヤン沢たちは自分らの間違いに気が付かず、なぜ幸子が来てしまったのかと首をかしげるが、ちょうど良いと、星(きらら)が言い出した。

巨乳、ガリベン、愛田に可愛がられてる・・

愛田をひっかけるには、幸子の方が適任だ!

第13話「脱げ」ネタバレ

旧弓道部の部室から出てきた男子に連れられて中に入ると、そこには彼の他に男子二人、女子二人がいた。

この中に“サラ”がいるのかと考える幸子だったが、突然きららに「脱げ」とすごまれる。

 

拒否する幸子だが、きららは彼女を平手で打って、無理やり上半身はブラジャーだけの姿にさせた。

大きな胸を両手で隠す幸子に、男子二人は色めき立つ。

 

が、彼女をこの部屋に誘った男子だけは、見とれるように黙っていた。

ヤン沢はスマホで容赦なく幸子のその姿を撮り続けるが、乾と呼ばれた男子は彼の手を止めさせた。

と、突然外側からガンガンと激しくドアをたたく音が聞こえてきた!!

第14話「やる気スイッチ」ネタバレ

繰り返し叩かれるドアのカギを、上半身はブラジャー1枚の幸子が開ける。

飛び込んできたのは、図書委員長の矢作だった。

思わず彼女の胸元に目が行くが、すぐに目をそらした矢作が彼女に一人で何をやってるんですか…?と問う。

…ヤン沢たちは窓から逃げていたのだ。

 

矢作が部室に現れた理由。

それはLINEで“ヒーロー”から彼に幸子を救出するようにミッションが下されたからだった。

計画通りに事が運んだことを矢作からの返信で知り、ほくそ笑む“ヒーロー“愛田。

 

今日は夜回り巡回最終日。

彼には確かめなければならないことがある。

加工品と忌み嫌う椎名をあえてラブホテルに誘い、行為に持ち込む愛田だった…。

第15話「スッキリ」ネタバレ

体をつなげた後も、椎名は愛田の局部を咥え続けていた。

そんな彼女に、愛田は問いかける。

「コレな~んだ?」

以前、椎名に拾われた“小型カメラ内蔵ペン”を、椎名がソレと気づいているのか確かめる。

結果は、彼女はソレの正体を知らないことが判明した。

 

ヤン沢の自宅。

彼は小さな子供のような口調と態度で、母親に甘えて訴える。

愛田先生が僕にイジ悪するんだと。

だがそこに、一本の電話が鳴った。

彼女が電話に出ると、録音と思われる複数人の声がする

内容は決して穏やかなものではなく、主にしゃべっているのは、自分の息子だ。

それは、校内に張り巡らした愛田の録音機器が拾った音を、問題シーンだけつなぎ合わせたものだった。

あまりの酷い内容に、彼女は不審な目つきで息子を見るしかなかった……。

 

ラブホテルのシャワールームでは、愛田が体を洗いながら言う。

「スッキリしましたね~」…それは、椎名への疑惑が晴れたことと、ヤン沢を陥れた二つの成功を意味している。

そうとは知らずに、「ですね~♡」と裸で愛田を後ろから抱く椎名がいた。

第16話「いい返事」ネタバレ

幸子が出かけたあとの部屋で、全裸の愛田が“桜井”と書かれたプレートを手にしていた。

いつ抜いたのかはわからぬが、それが表札になかったせいで、ヤン沢たちは桜井の部屋を愛田の部屋と勘違いしたのだ。

校内では、椎名が愛田にべたべたと付きまとい始めた。

が、今は穏便にしておくことにした愛田。

だが椎名に汚された体は、清められなければならない。

そう思いながら、三年二組で出欠の点呼を取る愛田に名を呼ばれ、「はい」と笑顔で答える幸子。

『いい返事だ!』と、今夜の幸子との行為に思いを馳せる愛田だった。 

第17話「幸子走る」ネタバレ

いつものようにカモミールティーを飲んで深い眠りを続ける幸子のそばで、愛田の荒い息遣いがしている。

はたから見るとただの変態犯罪者だが、彼は自分を幸子の“王子”のつもりでいた。

幸子は幸子で、その事実は知らず、普段の愛田の行為ゆえに彼に好意を抱いている。

校内で見かける愛田がいる限り、彼女はどんな困難も乗り越えて走れると感じるほどだった。

第18話「お弁当」ネタバレ

昼休みは、いつもの図書委員の仕事がてら、そこで矢作と昼食を取ろうとする幸子。

だが、パカと弁当の蓋を開けた幸子が絶句した視線の先を見つめて、矢作は悲鳴を上げた。

彼はすぐに幸子の担任の愛田に助けを求めに走った。

愛田と共に、図書室に残してきた幸子の元へ向かおうと走ると、なぜか幸子も愛田の方へと向かって走ってきていた。

彼女は弁当箱を開けて、愛田に示す。

…そこに詰められていたのは、セミの死骸と幼虫…。

愛田は、またも自分に覚えのないイジメの事実に固まる…。

犯人がだれにせよ、それはただのイジメで、桜井には喜びがない。

愛田は犯人に「教えてやるよ・・本当の恐怖を・・!!」そう心の中でつぶやいた。

 

そのころ、幸子は申し訳なさでいっぱいだった。

自分のせいで、愛田が大変だろうと。

しかし、愛田がいればどんな毎日でも「私にとっては幸せなんです・・」そう思う幸子なのだった……。

第19話「アカルイホウヘ」ネタバレ

夜の三年二組の教室で、愛田は一人作業を続けていた。

校内にいくつもカメラを仕込み、幸子に嫌がらせをする者を見つけ出す算段だ。

仕込み終わって軽トラで校舎を後にする愛田だったが、同じころ幸子も校内にいた。

緑の多い一角に、セミの墓を作っていたのだ。

泣きながら、セミの冥福を祈り、愛田のことを思い出す。

彼女にとっては、愛田こそが蛍のように自分の闇を照らす光。

 

マルが言うように、何もなくて平和が続くときは、自分が事件を起こすと決めたのだ。

そして、セミの弁当を作り上げたのも幸子だった…。

だが、セミのために墓を作り祈る、幸子の心の中の声は愛田には届かない。

軽トラから彼が見ているのは、セミのための手を合わせる彼女の無垢な姿だけだった…。

 

『ホームルーム』第3巻ネタバレに続く

スポンサーリンク

『ホームルーム』第2巻の考察・感想

1巻からの流れで、なかなか幸子いじめの“新”犯人が見つからずヤキモキしましたが、最後の最後になんと!幸子の自作自演が判明しました!!

『パンがないならお菓子を食べればいいじゃない(byマリー・アントワネット』ばりの発想です。

事件は無いなら自分で作る。

それほどまでに、愛田に構ってほしい幸子・・・つまり幸子もまた十分ヤバイ子でした。

ヤンデレともまた違う、新生痛ヒロインというところでしょうか。

人の心は読めないので、蝉のために手を合わせる後ろ姿は、愛田の目には神々しく映っているのでしょう……。

両想いといえるのに、よくもここまですれ違いつつ、病めるものだとちょっと感心してしまいます…

次回はどんな事件が起こるのか?!待ち遠しいですね!!!

『ホームルーム』ネタバレ一覧【随時更新中】

『ホームルーム』など漫画をお得・無料で読む方法!

まんが王国なら『ホームルーム』が半額で読める!

文字だけだと大まかなストーリーは分かるけど、絵がないと物足りないですよね?

やっぱり、漫画はちゃんと読んでこそ100倍面白く感じると思うので、まだコミックを読まれてないのなら、ぜひ購入して楽しんでください!

まんが王国は、初回半額クーポンがもらえるので、通常の半額でコミックを買うことができますよ。

ゆめちゃん

他にも、試し読みできる漫画が増えたり、購入&使用でポイントが最大50%還元されたりなど、お得に漫画を読めますよ。

初回半額クーポンでお得に漫画が読める!

登録無料、漫画購入以外に料金は発生しません

まとめ

以上、『ホームルーム』第2巻のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『ホームルーム』を買うか迷ってる方は、まんが王国で試し読みしてみてください。