漫画で人生にワクワクを!

青島くんはいじわる【第8話ネタバレ】天然な雪乃の挽回方法とは?

めちゃコミックで連載してる吉井ユウ先生の『青島くんはいじわる』第8話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

一人に慣れてしまった雪乃は無事仲直りできるのか?

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
9話全話まとめ7話
前回あらすじ

ずっと「お一人様」に慣れてしまっていた雪乃。

青島が残業だと聞き、久しぶりに一人の時間を満喫していました。

ダラけた格好で好きなお酒を飲む至福の時間。

しかしそこへ、青島がやって来ます。

明らかに困っている様子の雪乃を見て、「来ちゃダメだった?」と聞く青島。

すると、素直に「一人だと思ってたから‥」と伝えてしまいました。

怒って帰ってしまった青島に、雪乃は謝ろうと連絡をします。

青島くんはいじわる 第8話ネタバレ

携帯から「いつでも待っている」とメッセージを送った雪乃。

自分の失言のせいで怒らせてしまった青島へ、挽回をはかります。

夕方5時を過ぎると、雪乃は急いで職場を出ます。

後輩が驚くほどのスピードで仕事を終わらせたようです。

 

・・・・・

たくさんの食材を買い込み帰宅した雪乃。

すでに息を切らして疲れています。

次は掃除だ!と、部屋の片付けを始めました。

掃除機をかけている時、自分の姿が全身鏡にうつりました。

一つに縛った髪の毛、ヘアバンドで上げている前髪、ヨレヨレの服、靴下‥。

自分でも、誰?!と思ってしまうほどオバチャンです。

急いで財布を手に取り、泣きながら街へ出ます。

 

話し合い?

翌朝。

昨夜、青島を待っていた雪乃ですが、結局来ることはありませんでした。

そんな事を考えていると、朝から偶然青島と同じ電車になります。

一緒に出勤する雪乃と青島。

マスク姿でくしゃみをしている雪乃を見て「風邪?」と声をかけてくれました。

雪乃は「昨夜ちょっと薄着で‥」と苦笑い。

心の中で、一体何してたんだろう、と不思議に思う青島。

電車は混み合っており、よく揺れます。

青島は、僕に掴まって、と言いますが、会社の人も多い路線。

雪乃は周りの目も気にして断りました。

しかし青島は気にせず雪乃を支えてくれます。

素直に「ありがとう」と言い、青島の服を掴みながら「待ってる」と伝えました。

今までは自分の好きなように、楽に過ごすことが染み付いてしまっていた雪乃。

しかし、今はちゃんと相手と向き合いたいと思っています。

 

・・・・・

夜、青島は雪乃の部屋に向かいます。

俺はまだ怒っている‥と思いながらも、朝の雪乃の素直な気持ちを聞いたら行かざるを得ません。

下の名前で呼んでほしいと言ったにも関わらず、まだ『青島くん』と呼ばれていることも不満なようです。

インターホンを押すと、出迎えもなく「入ってきて」と言われました。

疑問に思いながらドアを開けると、スケスケの下着姿で首元にはファーを巻きつけている雪乃の姿。

髪もセットしてあり、部屋の中は薄暗くキャンドルまで焚いています。

パタン‥とドアを閉め出て行く青島。

え!!?と驚く雪乃。

話をすると思っていた青島は、驚いて思わず閉めてしまったようです。

雪乃は、その前におもてなしをしようと思っていた、と言います。

テーブルには、レストランのようなご馳走も並んでいました。

何やってんの‥とため息をつきながらも優しく抱きしめる青島。

雪乃が、年上で全然可愛げも無いことや、頑張らないといけないと思ったことを伝えると、さらに大きなため息をつく青島。

そして、「お願い聞いてくれる?」と言います。

青島のお願いとは、隣でもっと力を抜いていてほしい、というものでした。

雪乃は、青島になら甘えられるかもしれないと、自分の心の変化を感じます。

風邪気味だった雪乃は、薬を飲んで青島と一緒にベッドに入ると、眠ってしまいました。

青島は起きており、雪乃の顔を見ています。

すると寝言で、『瑞樹』と青島を下の名前で呼びました。

青島は、困った人と言いながらも、とても嬉しそうな表情で見つめていました。

 

>>『青島くんはいじわる』第9話ネタバレに続く

青島くんはいじわる第8話の考察・感想

薄着で風邪気味って、一体何をしていたのかと思ったらスケスケの下着を着ていたのですね!

青島が来なかった夜も、あの格好でスタンバイしていたのでしょうね‥。

そして体調を崩してしまうという、天然ぶり。

年上にも関わらず、雪乃を放っておけない青島の気持ちも分かります。

そして、起きているときは慣れておらずうまく言えなかった「瑞樹」という名前。

寝言であっさり呼んでいました!

雪乃は「一人が楽」とか「自分なんか‥」とよく言いますが、結構男性を振り回す小悪魔だと思います!

雪乃が思い描いていた作戦通りにはいかなかったものの、無事仲直りすることができました。

そして、雪乃の素の姿も愛おしいと思っている青島の気持ちも伝わったと思います。

やっぱり、無理をして付き合っていたら、いくら好きでも長続きしません。

今までの恋愛に良い思い出がない2人にとって、今回はとても良いきっかけになったのではないでしょうか。

一つ壁を乗り越えた雪乃と青島ですが、まだ妹の結婚式が残っています!

家族に9歳年下の彼氏を紹介するのも、一波乱きそうで楽しみです!