漫画で人生にワクワクを!

青島くんはいじわる【第7話ネタバレ】さっそく失敗する雪乃‥

めちゃコミックで連載してる吉井ユウ先生の『青島くんはいじわる』第7話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

一人より二人?二人より一人?

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
8話全話まとめ6話
前回あらすじ

青島からの告白で、本物のカップルとなった2人。

青島も雪乃も、過去の恋愛を乗り越え大きな一歩を踏み出しました。

しかし、告白を受けた時も不安だった雪乃。

9歳差があることや、青島がモテモテの王子だということなど、うまくやっていけるか心配だらけ。

ずっと一人が楽ちんだと思って過ごしていた雪乃の人生は、急展開を迎えました。

青島くんはいじわる 第7話ネタバレ

雪乃に背を向けて歩いていく青島の姿。

雪乃は手を伸ばし、待って!と引きとめようとしています。

しかし青島は、バカにした笑顔で年上女を本気で相手するわけないと言いました。

王様のような椅子に座り、数人の美女に囲まれる青島。

ボディーガードらしき男性に抱えられ、どこかへ連れて行かれる雪乃。

青島の名前を呼びながら泣き叫びます。

 

‥ここで雪乃は目を覚ましました。

とても自虐的な夢を見ていたのです。

隣には一緒に寝ていた青島がいます。

雪乃が起きたことに気づき、青島も目を覚ましました。

何でもないと言う雪乃ですが、青島は、悪い夢でも見た?と顔を近づけ、キスをする。

真っ赤になり照れる雪乃。溺愛されていると実感しています。

あんな夢を見たからか、雪乃は青島に年の差について聞きました。

青島の答えは、全く気にならない、とのこと。

そもそも、仕事以外は抜けている雪乃のことを年上と思っていないようです。

それよりも、下の名前で呼んで欲しいと甘える青島。

雪乃はいまだに『青島くん』と呼んでいました。

 

愛される悩み

社内で休憩中、同期・タカコと話していた雪乃。

青島から、名前で呼んで欲しいと言われたことを相談しています。

タカコも雪乃も、青島のことを可愛い、と話していました。

しかし雪乃は、愛されることに慣れておらず、戸惑っているようです。

その時、隣にいた職員が大きな声で話しているのが聞こえてきました。

どうやら付き合っている彼が、連絡もくれないという愚痴です。

それを聞いた雪乃は、自分の悩みは贅沢だと思いました。

そこへたまたま青島がやって来ます。

焦った雪乃は、青島の下の名前で「瑞樹(みずき)」と呼ぼうとしますが、慣れておらずうまく呼べません。

社内では苗字で‥と青島に言われてしまいますが、タカコは、雪乃にはそんな器用なマネできないだろう、と聞いています。

今日の夜の予定を聞くと、青島は残業なので家に行けないとのこと。

それを聞いた雪乃は、心の中で大喜びしていました。

 

一人の夜の過ごし方

青島に悪いと思いつつも、一人の夜を楽しむ雪乃。

見た目も気にせず、お酒やおつまみを並べグダグダしています。

雪乃にとってはこの時間が至福の時です。

どのお酒を飲もうか、ゆる〜い感じで幸せそうに選んでいます。

一本のお酒を手にした時、飲みたいけど青島と一緒に開けようか‥と考えました。

決して会いたくないわけでは無いのですが、雪乃には一人の時間もとても大切なのです。

しかし恋愛スキル低めの雪乃にとって、それをうまく伝える言い方が分かりません。

そんなことを考えていると、「来ちゃった」と笑顔の青島が登場。

部屋も自分も気を抜いていた雪乃は焦ります。

そんな雪乃を見て、来たらまずかった?と青島は言いました。

そして雪乃はバカ正直に、今日は一人で過ごすと思っていたからと言ってしまいます。

ハッとしましたが、すでに怒っている青島。

一人で楽しんで、と嫌味を残し帰ってしまいました。

 

・・・・・

やっちゃったと反省し、メッセージを送って謝りますが、青島はまだ怒っている様子。

何とか挽回しないと!悪夢が現実になってしまうのでは、と焦る雪乃です。

 

>>『青島くんはいじわる』第8話ネタバレに続く

青島くんはいじわる第7話の考察・感想

さっそくやってしまいました!(笑)

雪乃の気持ちは分かりますが、伝え方が悪かったですね。

一人でのんびりする時間が必要な雪乃と、残業で時間がなくても会いたい青島。

これは年齢の違いではなく、性格の違いだと思うので、難しい問題かもしれません!

雪乃は久しぶりの彼氏だということや、青島が王子であることから、二人でいる時に気を遣いすぎているのでしょう。

それで無意識に疲れてしまっている気もします。

その反動で、一人の時は思い切りだらけて発散しているのかもしれないですね。

ここまでの話だと、付き合う前から雪乃は割と素の部分を見られています。

一人で飲みながら豚足を食べていたり、怪しいセミナーにお金を払おうとしたり‥。

それを知った上で告白してくれた青島なので、二人でいるときももっと素を出して大丈夫だと思います。

きっと、青島の器は大きいはず。

それでも、一人の時間は大切ですよね。

青島にこの気持ちをどう伝えるのか、雪乃の成長が楽しみです!

青島くんはいじわるなど漫画をお得・無料で読む方法!

以上、『青島くんはいじわる』第7話のネタバレになります。

ネタバレを読んでみて、実際に漫画を読みたくなった方は、ぜひコミックスなどを購入して読んでくださいね。

文字だけだと大まかなストーリーは分かるけど、細かいやり取りや漫画を読んだ時に感じる感動、ワクワクなどを楽しめなくて面白さが半減しちゃいます;

電子書籍サービスを利用すれば、紙で漫画を読むより安く購入できますよ。

無料会員になれば、会員限定の無料漫画や初回半額クーポン、週末クーポンなどでお得に漫画を読めます。クーポンやセールを駆使すれば、さらに安く読むことも可能ですよ!