漫画で人生にワクワクを!

青島くんはいじわる【第6話ネタバレ】明らかになる青島の気持ち!

めちゃコミックで連載してる吉井ユウ先生の『青島くんはいじわる』第6話を読んだので、ネタバレ&考察をしていきたいと思います。

自分の気持ちに素直になる青島。雪乃の反応は?!

漫画を無料&お得に読みたい方は、漫画をお得に読む方法を参考にしてください。

ネタバレまとめ
7話全話まとめ5話
前回あらすじ

朝まで一緒に過ごした青島と雪乃。

社内で偶然会うと、いつものように青島は雪乃をからかいました。

雪乃は顔を真っ赤にして恥ずかしがっています。

ハタから見ると、2人のやり取りはまるで本物のカップル。

学生時代の青島を知る谷崎は、自然に笑う青島を見て驚きます。

そして谷崎とお酒を飲んでいる途中に、青島は何かに気づき頭を抱えました。

青島くんはいじわる 第6話ネタバレ

夜遅くに雪乃の部屋のインターホンが鳴ります。

こんな遅くに誰だろう?と思っていると、青島でした。

状況がよく分からないけれど、インターホン越しに助けて‥と言う青島。

雪乃は焦ってドアを開け、肩を貸します。

胸が苦しいと言い、顔を押さえている青島に対し、飲み過ぎ?!

お水を持って来る、と慌てる雪乃。

すると、体調が悪そうだった青島が急にプッと吹き出しました。

プッ??

そして顔を見せ、すぐに嘘を信じる雪乃を見て笑っています。

嘘をつくなんて信じられない!と恥ずかしさも合わさり怒る雪乃。

話がそれそうになると、青島が急に正面から雪乃を抱きしめました。

 

告白

いつもと違い、青島の真面目な雰囲気に雪乃も気付きます。

どうしたの?と聞きました。

じっと雪乃を見つめる青島。

そして、雪乃のことが好きになったみたい、と告白します。

驚きすぎてすぐには信じられない雪乃は、は?と返してしまいました。

なに言ってるの?と誤魔化しながらも、青島の目は真っ直ぐ雪乃を見ています。

またからかってる?と目をそらす雪乃。

真面目に受け取らない雪乃に、青島はムッとします。

一緒にいて楽しいのも、また会いたくなるのも、雪乃が初めてだと頬を赤くする青島。

それを聞いた雪乃は、雛鳥が初めて見たものを親だと思う刷り込み効果と同じ現象では‥と考えています。

そして、雪乃は「困る!」と返事。

9歳も歳が違うことや、たまたま接点ができただけの関係。

恋愛から遠のいていた自分には手に負えない、と思いました。

青島に背を向け、私たちが付き合ったって上手くいくはずない、と言いました。

しかし青島は、強引に雪乃の手を掴み正面を向かせます。

壁ドンしつつ、首筋にキスをする青島。

そんなことを聞いているのでは無く、雪乃の気持ちが知りたい、誤魔化さずに答えたら、すぐに帰るからと言います。

ずっと一人でいるのが楽だと思っていた雪乃。

下着も気にせず、自由気ままに過ごす。恋愛なんて煩わしいことはもうゴメン。

そう思っていたのに‥。

雪乃は「帰らないで」と、赤くなった顔を両手で隠しながら声を絞り出します。

頬を染めながら、こんなに嬉しいの初めて、と言う青島。

その表情に雪乃はヤラれてしまいます。

ドキドキしすぎて心臓に悪い‥と胸を押さえます。

そんな雪乃を気にすることなく、青島は唇にキスをしました。

泊まっていってもいい?と聞く青島。

もう、前進あるのみと心を決めた雪乃でした。

 

>>『青島くんはいじわる』第7話ネタバレに続く

青島くんはいじわる第6話の考察・感想

ついに、偽装カップルを抜け出し本物のカップルとなりました!

この展開はある程度予想はできていたものの、青島から告白とはちょっと意外でした。

初めて会った時は、雪乃に冷たい態度だった青島。

女嫌いだったので分かりますが、好きな女性には別人のように優しくなるのですね!

そのギャップも良いです!(笑)

雪乃も、青島の笑顔や可愛い表情にだいぶキュンキュンしていますが、本当に付き合うとなったらさらに大変なことになりそうです。

年齢のせいでフラれた過去を乗り越え、よく年下の青島と付き合うことを決意しましたね。

それと、雪乃は青島の恋心を「刷り込み効果」と表現していたました。

青島の周りでは、雪乃のような女性は初めてだったということです。

初めてみるタイプの女性に初めての感情を抱く、それを恋と勘違いしてしまったのでは?というなんとも雪乃らしいナナメな捉え方でした。

本当は外見もキレイで仕事も真面目、それなのに自分に自信を持てずにいるのもちょっともどかしい気がします。

恥ずかしがり屋で奥ゆかしいのも雪乃の魅力の一つですが、そこが正反対の青島にどう影響されていくのかも楽しみです!