漫画で人生にワクワクを!

青の祓魔師【第128話ネタバレ】つかの間の団らん。博士が運んできたものとは?

ジャンプSQ.で連載している加藤和恵先生の『青の祓魔師(エクソシスト)』第128話を読んだので、ネタバレありで感想&レビューしていきます。

そらくん

燐と雪男の想いがようやく通じ合い、兄弟喧嘩が決着しました。

前回の話は、以下の記事でまとめてるので、読んでない方は先にご覧ください。

直近ネタバレ
129話全話まとめ127話
前回あらすじ

燐と雪男の戦いが続いています。雪男は、銃を撃ちながら燐に対し自分の想いをぶつけていました。燐は強いから自分で抱え込んで勝手に死のうとするが、自分は弱いから頼れずに死にたくなる、と。雪男は燐に日ごろから劣等感を抱き、苦しんでいたのです。僕は生きてもいいのかと問う雪男に、生きてくれと即答する燐。お互いがお互いのために強くなったことを伝えます。そして、力尽きて落下しかけた燐の腕を、雪男はしっかりと掴んだのでした。

登録無料!!初回半額クーポン&ポイント還元

購入&使用でポイント還元最大50%!!

こちらでは、文字のみのネタバレになるので、漫画をちゃんと読みたい!!という方は、まんが王国なら『青の祓魔師』を初回半額&お得に読むことができますよ。

以下、『青の祓魔師』第128話のネタバレが含まれています。

青の祓魔師(エクソシスト) 第128話ネタバレ

要点だけ知りたい!って方の為に、『青の祓魔師』第128話のおおまかな流れと注目ポイントを先にお伝えしておきます!

  1. 嫌な予感
  2. 苦しめていたのは自分自身
  3. 格納庫の中身

兄弟喧嘩が終わり、いつものメンバーで団らんする燐と雪男。

しかし、格納庫からサタンの憑依体が出てきてしまう。

嫌な予感

燐を引き上げる雪男。

帰ろう、と言う燐に、帰れないと雪男は返します。

本当に許されない失敗をしたと顔を覆う雪男に、誰が許さないんだ、と燐は静かに問いかけました。

その言葉を聞き、許さないのは自分だとハッとする雪男。

そのまま気を失ってしまいます。

そこに駆けつける勝呂たち。それを尻目に、ライトニングは、ルシフェルやドラグレスの発見が最優先だと告げます。

そこへ、クロに乗った志摩と子猫丸がやって来ました。

出雲に殴られたらしい志摩をライトニングの元へ運ぶ勝呂。

そこへ、ドラグレスク博士発見の報告が入ります。

博士に、何を運んできたのかと尋ねるライトニング。

それには答えず、博士は自分の研究が無茶苦茶になったことを嘆いています。

しかし、ライトニングからここに雪男がいることを聞き、態度が一変しました。

そんなに中が気になるなら、開けてみればいいと言うのです。

そらくん

せっかく兄弟2人が分かりあえたのに、なんか嫌な感じだよね。何かが起こりそうな…。

嫌な予感を覚え、格納庫に誰も近づけないよう指示するライトニング。

 

一方、燐はテントの中で目を覚ましました。

苦しめていたのは自分自身

雪男がいないことに焦り、テントを飛び出す燐。

しかし、外では勝呂たち4人がのんびりと暖をとっていました。

燐に気付き、声をかける4人。

それを見て、燐は懐かしいと涙ぐみながら子猫丸に抱き着きます。

1人佇んでいる雪男の元に歩み寄る燐。鍵を掲げ、一緒に過去に行こうと誘います。

雪男は燐の気遣いに感謝しながらも、僕は行かないと断言しました。

予想外の反応に困惑する燐。そんな燐に対し、雪男はこう告げます。

過去を知れば苦しみは終わると思っていたが、僕を苦しめているのは僕で、僕は僕を許したい、だから行かないと。

行かない代わりに、神父と母のことを尋ねる雪男。

カッコよかった、兄弟仲良くと言っていた、と燐が伝えると、雪男は噛みしめるように目を閉じ、そうかとだけ呟きました。

思い出したように、頭を銃で撃ったことを詫びる雪男。燐も雪男に殴ったことを謝るのでした。

ほんと、2人のわだかまりがとけて良かった!2人きりの兄弟だもんね。

ゆめちゃん

格納庫の中身

みんなが和気あいあいと食事をとる中、雪男は居心地の悪さを感じていました。

自分のしでかしたことの重大さを悔やんでか、顔は青ざめ、心臓の音がやけにうるさく響きます。

奥村先生、という勝呂の呼びかけに過剰に反応する雪男。

勝呂の顔を見た雪男は、銃を突きつけた時のことを思い出し、動揺します。

そらくん

雪男、あの時は余裕がなくて必死だったもんなぁ。そりゃ、居心地悪いよね。

意を決し謝ろうと口を開く雪男。

それをさえぎるように、勝呂は奥村兄弟の呼び分けが不便だと言い出しました。

燐と雪男でいいか、と問う勝呂に、驚いた顔を見せる雪男。

雪男、と呼ばれ、申し訳なさそうな安堵したような表情で、感謝の意を述べるのでした。

神父からもらってきたというおかかバター醤油焼きおにぎりを、雪男はそっと口に運びます。

なつかしいな、と笑顔で言う燐。うん、と答えながら雪男は涙を流します。

そういえばしえみは?と尋ねる燐に、明らかに動揺する出雲。

言いにくそうに口を開きかけた時、急に辺りがざわつき始めました。

人ごみの中に向かう燐と雪男。

どうやら、格納庫の中から何かが出てくる、と騒ぎになっているようです。

姿を現したのは、サタンの憑依体。

その存在を知っているライトニングは周囲に警告しますが、周りの人々は状況が呑み込めていない様子。それは、奥村兄弟も同じでした。

人ごみの中から憑依体の姿を見つけた雪男。神父と同じ姿をしている憑依体に、とうさん?と呼びかけます。

雪男が憑依体を“見た”ことで、サタンの不気味な笑い声が響いたのでした。

 

『青の祓魔師』第129話ネタバレに続く

スポンサーリンク

『青の祓魔師』ファン必見!漫画をお得に買うなら

まんが王国なら『青の祓魔師』を初回半額で読める!

青の祓魔師

文字だけだと大まかなストーリーは分かるけど、絵がないと物足りないですよね?

やっぱり、漫画はちゃんと読んでこそ100倍面白く感じると思うので、まだコミックを読まれてないのなら、ぜひ購入して楽しんでください!

まんが王国は、初回半額クーポンやポイント還元のおかげで、最新刊を230円で購入&ポイント最大50%還元で漫画を読むことができます。

ゆめちゃん

単行本を集めたいと思っている方は、ぜひ利用してみてください。

初回半額クーポンでお得に漫画が読める!

登録無料、漫画購入以外に料金は発生しません

青の祓魔師(エクソシスト)第128話の考察・感想

久々にいつものメンバーが揃い、なんだかほっこりしてしまいました。

最近、急展開続きでシリアスな状態だったので余計にそう思います。

雪男の心の枷もすっかり解けたようで何よりです。これからは兄弟仲良くしてほしいですね。

もちろん、これから何らかの罰は受けるのでしょうが。

しかし最後に雪男が憑依体を左目で見てしまいました。

ようやく日常に戻ると思ったのに…。

サタンが復活してしまうのでしょうか。次回の展開を緊張しながら待ちましょう。

『青の祓魔師』ネタバレ一覧【最新話更新中】

まとめ

以上、『青の祓魔師』第128話のネタバレになります。

文字のネタバレだと、細かい描写などは伝わらないし、面白さも半減してしまいます。最近は電子書籍のおかげで場所を取らず、安く漫画を読めるようになってますよ。

『青の祓魔師』を集めようか迷ってる方は、こちらも参考にしてください。

『青の祓魔師』の関連記事